diy

DIY資格人気ランキング

DIY工作は最近、需要が高まってきた分野です。DIYとは”Do It Yourself”の略で元々は海外で人気がありました。日本にもその人気が広がり、男性だけでなく女性にもかなり人気が高い分野となりました。
女性がDIYを好む場面として、ウェディングが挙げられます。人と同じ式にしたくないという新婦さまが多く、小物や少し大きめのものをDIY工作する光景がよく見られます。
DIYにも実は資格があります。どんな資格があるのかランキング形式でご紹介します。

1位 DIY工作アドバイザー

日本生活環境支援協会が主催している資格です。DIY工作の基本から応用まで知識と技術をまんべんなく身につけることができます。DIYで必要な道具、ジグソーやノコギリなどの作り方や使い方を学ぶことができます。
DIYが流行しているし、自分でも何か作ってみたいけれど、見ているだけでは難しいそうだと感じる人もいるかもしれません。この資格を取得するにあたって、基礎的な部分から学ぶことができるので、初めての人にもおすすめできる資格です。
また、DIY工作の技術があれば、ホームセンターで出来上がったものを購入しなくても、材料さえ購入すれば、費用を抑えて、自分の理想とするものを製作することができます。ちょっとした小物はもちろん、大きなものでも調整可能な道具を付け足したり、デザインを自分好みにしたり、と色々な工夫をすることができます。
大きなものを扱うことが多いので、男性に人気があると思われがちですが、女性の方が使うもののデザインを重視する傾向があるため、自分好みのオリジナルのものが作れるという点で女性にも人気があります。
資格を取得することで自分がDIY工作を楽しめるようになるのはもちろん、アドバイザーとしても活躍が期待できるので、DIYの中でも一番人気の資格です。

2位 日曜大工スペシャリスト

日本デザインプランナー協会が主催する資格です。DIYを行うにあたって道具の選定や適切な使い方、手順などを学ぶことができます。日曜大工なら資格がなくてもセンスとある程度の知識、道具の使い方などを知っていればできます。
しかし、様々な知識を広く知っていると製作できる作品も増えていきます。デザインや建築に必要なCAD,ホームページの作成に欠かせないWEB関連の資格を主催している協会なので、様々なデザイン、建築、工作関連の知識を得ることができるのも特徴です。
通信講座で自宅で学習でき、資格が認定されることが人気の理由です。

3位 DIYアドバイザー

DIYを行う人が増えている今、DIYを始めようとしている人やDIYを行うにあたって困っていることなどに対して助言を行うのがDIYアドバイザーです。住宅やDIYの用品に関する知識や技術が身に付きます。
DIYアドバイザーの資格試験は18歳以上なら他の条件はなく受験できます。しかし、難易度は高く、一次試験で6割、最終試験まで合格して資格を取得できるのは約3割ほどです。
家具屋やホームセンター、百貨店、工具専門店などへ就職したいと思っている方には是非取ってもらいたい資格です。資格がなくても就職自体はできますが、会社の中で学べる知識は徐々に増えていきます。
しかし、就職すればすぐにお客さんとのやり取りの場面がが生じます。実践的な知識があるのとないのとでは対応も変わってくるでしょう。専門家として自信を持ってアドバイスや相談にのることができるようになるためにもDIYアドバイザーの資格を取得しておくと良いでしょう。
自分で楽しむだけでなく、専門的に人にアドバイスや指導ができるため、この資格は人気があります。

まとめ

DIYの資格ランキングはいかがでしたか。資格がなくてもできるけれど、より高度なものを製作するために挑戦してみるのも面白いですよ。
DIY  DIY

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP