幼児食資格

幼児食資格人気ランキング

自分の子供には、安心して安全な食事を毎日食べさせてあげたいですよね。
ただ今の時代、TPPや食品表示偽装などで、食に対する安全面が不安に脅かされていますが、そんな中でも食事は生活においてなくてはならないものです。特に生まれたての赤ちゃんは、身体に免疫が少ないため、特に食に対して親が気を付けることが多くなってきます。また赤ちゃんの成長は大人より数倍は早いため、毎日同じ食事というわけには行きません。月齢ごとに必要な栄養素が変わってくるのでそれに合わせて食事も変化する必要があります。そんな知識をしっかりと身に付けて家族の健康を自信を持って守れるようにしましょう。そんな自信を与えてくれるのが、これから紹介する資格です。
特に幼児の食事に関して必要な資格をランキング形式で紹介します。

1位『幼児食マイスター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本安全食料料理協会が主催している資格です。
子供の成長に合わせ、栄養バランスや幼児に向き・不向きの食材をしっかりと見極められる知識を有した人を認定する資格です。この資格を取得することで、食に対して自信を持って子供と接することができるほか、食事の中に潜むアレルギー症状などのアナフィラキシー症状の予防や子供の手づかみ食べや遊び食べなどを克服するためのしつけができるようになります。子供にアレルギー症を起こさせたくないお母さんがほとんどかと思いますので、子供のための知識として全てのお母さんに人気の資格です。

2位『ベビーフードインストラクター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本インストラクター協会が主催している資格です。
ベビーフードに関する知識に加えて、四季や行事に合わせた食事の献立を考える知識を有したことを認定する資格です。この資格を持つことで、子供に日本の四季や文化を食事の面から教えることができ、日本の文化に興味を抱いてくれる子供が増えることでしょう。またそれ以外にもこの資格を取ることで、カルチャースクールなどでの講師もできるようになります。自分の家事の向上と、副業にもできるという一石二鳥の資格です。

3位『幼児食インストラクター』

<認定カリキュラム・費用5,600円・期間3ヶ月>
日本能力開発推進協会が主催している資格です。
幼児食に関する基礎知識や月齢ごとの適切な食事、栄養・代謝や病気の時の食事、食物アレルギーに関する知識を有していることを証明します。
資格取得後は、幼児食インストラクターとしての社会的地位が得られるので、インストラクターとして講師活動を行うことができるようになったり、自宅での子育てに役立たせたりすることができるようになります。

4位『幼児食アドバイザー』

母子栄養協会が主催している資格です。
子供の食事や栄養管理について、アドバイスできる知識を身に付けたことを認定する資格です。主に保育士や保母さん、保育園関係の仕事に携わっている人がスキルアップのために取得したり、子供の食事に興味のある方、まさに子育て中で、食事に苦戦していて、どうにかしたいと思っている方に最適な資格です。

5位『子供食育健康管理コーディネーター』

資格支援能力振興協会が主催している資格です。
子供の小・中学生時期において、食事とは身体をつくる最も大事な要素です。それらを適切に管理しコーディネートする知識を身に付けた人を認定する資格が、この子供食育健康管理コーディネーターです。取得する人は、小・中学校の教師なども受講していますが、お子さんのいるご家庭のお母さんは子供がスポーツを始めたり、中学生になってダイエットを始めたりすると、体力作りのため、無理のないダイエットをしてもらうためと食事により一層気を使うことになりますよね。そんな時にこの資格を取得していると年齢に合わせた最適な食育ができ、家族の健康管理に役立てることができるようになります。人に教えるだけでなく、家庭で家族のために使える資格は意外と少ないので、育ち盛りの子供がいる人は是非検討してみてはいかがでしょうか。
幼児食  幼児食

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP