食育

食育資格人気ランキング

食育は、誰しもが必要不可欠な「食」に関する知識のことです。現代社会において国内外問わず様々な食材で溢れていて、安全性や栄養バランスについて常に頭を悩ませているのではないでしょうか。
もしそんな食に関して正しい知識を持てたらどうでしょう。今悩んでいることは解決するとともに、周りの人達へアドバイスをし、社会に貢献できるようになります。そんな人材を社会全体が必要としている時代なのです。
では、単に食育について勉強する!と言っても様々な資格がある中で、どの資格を取得するとより良い知識を身に付けることができるのでしょうか?
今回は食育に関する資格の人気ランキングをご紹介します。下記に紹介する資格は特別な受験資格はなく、誰でも受験・受講することが可能なものばかりです。(一部コースによっては資格有り)
紹介する資格は、それぞれ有資格者として履歴書に書けるとともに、人に教えるためにその資格に特化した職業に就職・転職を希望している方には、面接時に他の人より優位に立つことができるモノばかりです。仕事で生かせなくても、家庭を持つ女性には、子供を食事の面で元気に育てられたり、ママ友や姑にも自信を持って食事を提供できたり、女性に人気の資格になっています。

1位『食育健康アドバイザー』

<受験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本安全食料料理協会が主催している認定資格の1つです。食育の基本的は知識(例えば食育基本法や諸外国の食育に対する取り組み、生活習慣病との関連性に関する知識)を有していることが証明されます。
資格取得後は、カルチャースクールや自宅での食育健康アドバイザーとしての講師ができるようになります。

2位『管理健康栄養インストラクター』

<受験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本インストラクター協会が主催している認定資格の1つです。日本インストラクター協会は、様々な分野でインストラクターを育てるための取り組みを行っており、管理健康栄養に関する知識を有している人を増やそうという取り組みを行っている一環としてこの資格があります。
食材に関して、ビタミンなどの栄養素に関する知識や腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有し、食品に関する理解度を証明する資格です。
資格取得後は、カルチャースクールや自宅での管理健康栄養インストラクターとしての講師ができるようになります。

3位『食育インストラクター』

<指定講座あり・費用39,900円・期間6ヶ月>(プライマリーコースの場合)
NPO日本食育インストラクター協会が主催している資格です。本協会は管理栄養士としてもテレビで有名な服部幸應さん(はっとり ゆきお)が理事長を務めています。
この資格を取得するためには、まずはプライマリーからになりますが、通信教育を受講し、修了することが資格取得の条件となっています。
それ以上の級に関しては協会が推進している学校に通学してしっかりと知識を身に付けることで取得できる資格です。

この資格は、5段階に分かれていて、プライマリーから4級、3級、2級、1級という形で級が上がっていきます。資格取得後は、1級まで取得すると、食育に関する普及活動を行えるようになります。それ以外も段階的に、人に教えたり、普段の生活で役に立ったり、自信が付いたりと級に応じて生活が豊かになる知識を身に付けることができるようになります。

4位『食育アドバイザー』

<指定カリキュラムあり・費用46,000円・期間3ヶ月>
<カリキュラム修了後・費用5,600円>
日本能力開発推進機構(JADP)が主催している資格の1つです。
この資格は、まず当協会指定の教育機関においてカリキュラムを全て修了し、試験を受ける必要があります。
取得後は、食育アドバイザーとして講師ができるようになります。

5位『食育メニュープランナー』

<指定講座あり・費用23,760円・期間6ヶ月>
<指定講座修了後・費用3,000円>
NPO法人みんなの食育が資格認定を行い、『職業訓練法人日本技能教育開発センター』が講座運営を行っています。
資格取得には、当センターが行っている講義を受講し、その後の試験に受かる必要があります。資格取得後には学校や保育園、介護施設でのメニュー開発や、レストラン業界でのメニュー開発に一役買える存在になります。
食育  食育

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP