食育

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育と聞くと何を思い浮かべますか?
最近ニュースや新聞などで取り上げられることも多い食育。食育とは、偏った食生活を見直し、私たちが普段口にしている食べ物について学ぶことで理解を深めることを目的としています。
現代は核家庭の増加や仕事での長時間労働、子どもの学校での部活や塾、お母さんもフルタイムの仕事をしていたりで誰もが多忙な生活を送っています。それにより食事をする時間が違うなどの理由によって、一人で食事を済ますことが多くなっています。本来食事は誰かと食べることでリラックス効果を得たりコミュニケーションの一環であったはずなのですが、私たちを取り巻く環境は日々変わっています。
今回は、食べることの重要性について学べる資格である「食育健康アドバイザー認定試験」についてご紹介したいと思います。

食育健康アドバイザー認定試験とは?

日本安全食料料理協会が行っている認定制度です。
出題範囲は近年制定された食育基本法についての知識や、海外の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病についての知識について出題されます。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

なぜ食育が大切なのか?

私たちはお金さえあればいつでも食べることを手にいれることができます。コンビニは24時間空いていますし、レストランも遅くまで営業している。このような環境だと、「いつでも食事を取れる」という意識も手伝ってか、買ってきたもので適当に済ます、外食で済ます、という方も少なくないはずです。簡単に取れる食事ほど食品添加物や塩分・糖分・脂質が多く含まれており、これを日常的に摂取することで生活習慣病や糖尿病、高血圧といった様々な病気の原因にもなります。
これでは健康的な生活を送ることは難しいです。それを防ぐために食育が国を挙げて推進されているというわけです。
また、子ども世代が大きくなって親となったときに、間違った食事の摂取のしかたを教えないように早い段階での教育が非常に重要です。さらに栄養のある食材の選び方やその調理方法についても、知っておくべき大切な知識です。

食育健康法とは?

平成17年に制定された食育基本法は、現代の日本人の生活における食の見直しを行うべく制定されました。これに違反したところで罰則等はないのですが、毎年政府によって予算が計上され、様々な省庁が食育に関するイベントを企画・実行しています。
この法律に基づき、各省庁が日本人の食に対する意識を高めるため・食にまつわる環境を変えるための農業支援、学校給食の改善や栄養に関する知識を持つ教師の育成、地域における食に関するイベントの開催、食の安全対策など様々な計画を実行しているのです。

食育健康アドバイザー認定試験の口コミ

日本安全食料料理協会は私たちが普段口にしている食についての様々な資格を取り揃えています。知識や技術が一定以上あることを証明するので、就職活動において企業が判断基準の一つとして役立てることができます。また、食品・飲料に関してのエキスパートであることを証明するものでもあるので、食品関係で独立して仕事をしたい方にも人気です。
食育を通じて社会に貢献したい方や、プロとして活動していきたい人にもオススメの資格です。また、幼稚園や小・中学校の学校関係者も持っておきたい資格といえます。子どもたちに食事の大切さを学んでもらうために、食育健康アドバイザーの資格はきっと役に立つことでしょう。
いかがでしたか?
いつでも食事をとることができる便利な世の中になって食べることへの本当の大切が失われている今だからこそ、このような資格は重宝されることでしょう。
以上、食育健康アドバイザー認定試験のご紹介でした。
日本安全食料料理協会の食育健康アドバイザー認定試験詳細はこちらから↓
https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/
食育  食育

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP