onnashikaku

趣味・習い事人気オススメ通信教育ランキング

趣味・習い事で人気のオススメ通信教育としては、なにかを作れる講座が大人気です。教材といっしょに、製作に必要な用具や素材もすべてセットとして届くため、すぐにでも製作をはじめられます。教材の通りに真似をして製作することで、プロの手づくり作品となにひとつ変わらない出来映えのグッズを手に入れることができます。これらすべての既製品を購入することを思えば、通信教育にかける費用など安いものです。作って楽しめる醍醐味は、趣味・習い事系通信講座ならではのものです。誕生した作品は十分に役立つものですが、趣味系の通信講座の肝は、なによりも「楽しむ」ことです。趣味・習い事を思いっきり楽しめる人気のオススメ通信教育ベスト5を紹介します。

第1位 クラフトハンドメイドマイスターW資格講座

https://www.designlearn.co.jp/craft/
すでに20,000人以上が受講している人気のクラフト手芸講座です。附属のクラフトセットを使って、学習テキストに沿いながらさまざまなクラフト作品づくりを、実際に楽しむことができます。作ったクラフト作品はそのまま自分で使えるため、作品が増えるごとに、ワクワク度もアップします。小物トレイやペンケースなどの小物から、ペットボトルケースやワインバッグ、ノートパソコンやタブレットのケース、さらには大型の両開きプリーツカーテンまでを、製作できます。一度覚えてしまえば、それを応用してさまざまなクラフト作品を作り出せるようになります。「クラフトハンドメイドマイスター」と「手芸アドバイザー」の資格をダブルで取得できます。

第2位 鉛筆デッサンマスターW資格取得講座

https://www.designlearn.co.jp/drawing/
絵を描いてみたいけれど、下手すぎて全然ダメ! と思っていても大丈夫です。デッサンの基本要素や用具の正しい使い方からはじまり、段階を追ってステップアップしていくため、カリキュラム通りに進めることで、誰でもプロ並みのデッサン力を得られるようになります。はじめは簡単なカップの描写からはじまり、建物や人物へと、挑戦していきます。気がつけば、いつのまにかデッサン力が上がり、「鉛筆デッサンマスター」と「絵画インストラクター」の資格を取得できています。人前でも恥ずかしくないデッサンができることで、生涯の趣味としてデッサンを楽しめるようになります。

第3位 ビーズアクセサリー作成 基本コース/プラチナコース

https://www.saraschool.net/beads/
ビーズを使ったアクセサリは、今大人気です。プレゼントにも最適で、天然石をさりげなく配することで、メッセージを相手に伝えることができます。天然石にはそれぞれにヒーリング効果があるため、心と体をやさしく癒やしてくれます。ビーズアクセサリの作り方は、本講座により初歩的なことから学べるため、なにも心配いりません。6ヶ月後には、オリジナルビーズアクセサリーを思うままに作れるようになります。「ビーズアクセサリーデザイナー」と「ビーズアクセサリーインストラクター」の2つの資格を取得できるため、趣味を超えて、プロのビーズアクセサリーデザイナーとして、作品を販売することができます。

第4位 フラワーアレンジ 基本コース/プラチナコース

https://www.saraschool.net/flower/
女性にとってフラワーは、いつの時代も特別な存在です。フラワーが身近にあるだけで、生活が華やぎ、女性としての感性がさらに磨かれます。習い事のひとつとして、フラワーアレンジ系の資格には根強い人気があります。本講座ではフラワーアレンジメントの基礎知識から実践的なスキルまでを、体系として学ぶことができます。「フラワーアレンジメントデザイナー」と「飾花インストラクター」の資格をダブルで取得できるため、自宅やコミュニティーサークルなどでショップオーナーとして独立することも可能です。

第5位 スパイス香辛料アドバイザー対策コース

https://www.designlearn.co.jp/spice/
スパイスひとつで料理の美味しさは、天と地ほど変わります。料理が好きな方、料理に興味がある方の間で、人気があるのがこの講座です。スパイスのことを学び、料理を作る際にすぐにそれらの知識を活かせるため、料理がますます楽しくなります。学ぶというよりは、趣味をとことん楽しめることが、本講座の良いところです。「スパイス香辛料アドバイザー」と「スパイスインストラクター」のダブル資格を手に入れて、スパイスのプロとして料理を楽しんでください。

女子におススメ資格

  1. ピラティス
  2. 手相占い
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. カラー
  7. ハーブ
  8. ソムリエ協会
  9. cad
PAGE TOP