見せ方にもメリハリ「整理収納インストラクター」 口コミ評判

「整理収納」や「片付け」がトレンドになっていますね。

今の時代の「整理収納」は、単に整理整頓の知識があるだけでなく、見た目にメリハリ感があり「頭に浮かんだものを取り出しやすい」など、柔軟にさまざまな工夫を巡らせた「整理収納」がキーワードになってきます。

朝出かけるときに必要なアイテムは男女で差がありますが、各自に必要なものが一か所にまとめて置かれ、そこから取り出せる「枠組み」を準備しておけば毎日時間をかけることなく、物を探す手間をかけることなく生活を送ることができますね。

こうして考えていくと「整理収納」の重要さが見えてきませんか?

 

整理収納インストラクター認定試験口コミ評判 — 実は脳トレ?「整理収納」

家族が片付けに協力してくれないと嘆いているママも多いと思いますが、実は「整理収納」は“枠組み作り”でもあります。

お子さんのなかには「靴を揃えてね」と口で言ってもなかなか出来ないお子さんもいますが、靴置き場を作り、前後が分かるようにするとそこに合わせて靴を置いてくれるようになるケースがあるのです。

こうして ”仕組み” や ”枠組み” を完成させると、自主性に働きかけるので片付けたのにまた元通りということがなくなります。

「整理収納」、要するに脳トレなのかもしれませんね。

 

整理収納インストラクター認定試験口コミ評判 — クローゼットのなかも「見た目」重視

かつての「整理収納」は “臭い物には蓋(ふた)” で、とりあえず物を人目につかない所へ押し込んでしまう方法でした。

現代の片づけは「見せる部分の収納」と、「隠す部分の収納」を使い分けるのが主流です。

「隠す部分の収納」についても、使わないものを動線から外したり、引き出しなら奥の方へしまうなど、モノとの距離感にも気を配ります。

「隠す」とは言っても、その領域も「使いやすく」しておくことは大切です。

日本インストラクター協会(JIA)の「整理収納インストラクター」では、ハンドメイドの収納家具を提案したり、靴なら靴、本なら本といった風にアイテムごとの収納方法も学びます。

あらゆる「整理収納」に対応できるようスキルを付けて、試験の認定を目指す資格となっていますよ。

 

整理収納インストラクター認定試験口コミ評判 —  ライフスタイルへの提案を!

こうしてご紹介してきたように、今の時代の「整理収納」は片付けて終わりではなく、生活のなかに続いていく「仕組み作り」や「見せ方」もポイントになっています。

日本インストラクター協会(JIA)の「整理収納インストラクター」は、インストラクター資格なので、ご自身の家を片付ける以外にも、ノウハウを「教え」たり「伝えていく」側面も持ち合わせます。

「整理収納」は誰でも直面する事態なので、「整理収納インストラクター」として指導する際にもクライアントの意見を織り交ぜながら提案を行ったり、楽しんで仕事を進めることができるでしょう。

普段からライフスタイルへの工夫をしているという方にはもちろん、これから「整理収納」を学んでプロを目指したい方にもおすすめの「整理収納インストラクター」。

少しでも気になった方は、日本インストラクター協会(JIA)で詳細をチェックしてみませんか?
収納整理  収納整理

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP