インテリアデザイン

肩書きで有利に!インテリアデザイナー口コミ評判

「インテリアデザイナー」は、業務の一環で資格がなくても就業している方もいますが、資格があった方が圧倒的に有利なジャンルです。

デザインという抽象的な分野では、ポートフォリオ(作品)を提出することもできますが、インテリアの好みは相手によりかなり変わってくるので、「インテリアデザイナー」の肩書きを提示できると強みになりますよ。

 

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判 — 「インテリアデザイナー」の仕事

「インテリアデザイナー」は、もちろん自分自身の家のインテリアコーディネートもできますし、新築住宅のインテリアコーディネートや宿泊施設のインテリアデザインなども手掛けます。

住宅展示場やショッピングセンターのインテリアも、プロの手で視覚効果を考慮したデザインで構成されています。

クッションの置き方や、アクセントになるカラーを入れるだけで、部屋全体がまったく違って見えてくるんですよ!

 

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判 — 「インテリアデザイナー」に向いている人は?

「インテリアデザイン」の仕事は、トレンドを重視します。

みなさんも「なんとなく古めかしい感じ」など、デザインをニュアンスで感じることがありませんか?

そういった意味で、今はこんなことが流行っているな、とか配列でこの方法は少し古いのかもしれない、など少しでもデザインの空気を読める方には向いている内容と言えます。

また資格の認定に制限は設けられていないので、どなたでもチャレンジできます。これから学んでみようという方も大勢いらっしゃいますよ!

「ピン」ときたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判 — 活躍の場はさまざま

「インテリアデザイナー」は住宅のように広い居住空間をデザインするだけでなく、カーテンやインテリア製品などを扱うメーカーでも活躍できます。

メーカーは自社製品を小売りの形態で販売するので、個々の製品を使用する先々でどう活かしたらいいか、提案力のある「インテリアデザイナー」を必要としています。

クッション1つであっても、「インテリアデザイナー」の提案があれば、自分の部屋やオフィス、展示したい場所などに、本当にマッチするのかどうかや、ほかにインテリアを合わせるならどういった製品が合うのかを、プロから聞けるのは心強いと思いませんか?

 

インテリアデザイナー認定試験口コミ評判 — 認定試験はJDPで申請

「インテリアデザイナー」の試験は、日本デザインプランナー協会(JDP)の管轄です。

日本デザインプランナー協会(JDP)の名を初めて聞いた方もいるかもしれませんが、日本デザインプランナー協会(JDP)はデザイナーを多く輩出する機関ですが、デザインの分野以外でも、最新のトレンドに合わせた認定試験など20種類以上の資格を取得できるよう、整備が進んだ機関なのです。

認定試験を受けるに当たって「インテリアデザイナー」について、職務経験や制限はなくどなたでも受験できるようになっており、試験は在宅での受験になります。

気になった方はぜひ、日本デザインプランナー協会(JDP)のホームページをチェックしてみてください。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP