お茶

緑茶インストラクター口コミ評判

「緑茶の正しい淹れ方を教えてください」と言われたら、自信を持ってお茶を淹れることはできますか?
おそらく、普段やっている方なら難なく淹れられるのでしょうが、緑茶を淹れる習慣のない人だと戸惑うかもしれません。自分が飲まないのだったらやり方もわからないでしょう。しかし社会に出ると自分が普段飲まなくても会社でお客様にお茶を出したりといったこともしなくてはいけませんし、後輩に教えたりということもしなくてはいけないかもしれません。
今回は緑茶についての知識を問われる「緑茶インストラクター」についてご紹介したいと思います。

緑茶インストラクターとは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。
出題範囲は、茶葉別の美味しい入れ方、茶器の種類、チャノキについて、各地の有名なお茶の知識、日本茶の歴史、茶道具の種類(茶碗、茶釜、火起こし、柄杓、盆、水指、水注、茶筅、茶巾、茶入など)と知識、茶葉の保管方法や日本茶を使った料理レシピについて出題されます。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

緑茶の種類

緑茶とは言ってもたくさんの種類に驚くと思います。緑茶はチャノキから摘み取られた茶葉を様々な製法で処理することにより、まったく違った味わいのお茶を作ることができます。また、その前段階でチャノキの栽培方法を一定条件で生育させることによっても違うお茶を作ることができます。茶葉が違えば美味しいお茶の入れ方も様々です。入れ方について学ぶとお茶の美味しさを最大限に引き出すことができます。
私たちがほとんど口にしているのは煎茶で、生産量も日本一です。そのほかにも玉露やかぶせ茶、抹茶、甜茶、玉緑茶、釜伸茶、釜炒り緑茶、茎茶、芽茶、頭茶、番茶、玄米茶、ほうじ茶、一番茶、二番茶などがあります。日本一の生産量を誇るのは静岡県で、2位鹿児島県、3位三重県と続きます。それぞれの産地で生産されているお茶はブランド茶として全国的にも有名です。
人によって好みは分かれると思いますが、普段同じものばかり飲む方がほとんどだと思うので、全種類を飲んだことがある方はそれほど多くないのではないでしょうか?名前すら知らないものもあると思います。場所によっては手に入りにくいものもあると思うので、旅行で出かけた際に見つけたら試してみるのも新たな発見があって楽しいかもしれません。

緑茶インストラクターの口コミ

日本インストラクター協会の資格は講師として活躍したい方や独立してフリーで働きたい方に適した資格が揃っています。「インストラクター」という名前の通り、人に知識や技術を教えることに特化しているので、人に教えるのが好きな方には適していると言えるでしょう。各スキルについて一定の知識・技術があることを証明するので、資格を取得したことで就職や転職に役立てることができると評判です。
緑茶インストラクターの資格を取ることで具体的に役立つのは茶屋や飲料会社などの企業での就職で有利です。また、就職とは関係なしに、緑茶の正しい入れ方を知っておくことで日本人として恥ずかしくなく、またもてなしの一部としてお茶を出すことができます。
いかがでしたか?
緑茶は普段飲んでいるだけに「今更勉強するのもなんだかな」、と思う方もいらっしゃるかも知れません。緑茶の世界は奥深いので、ぜひこの機会に資格を取得してみてはいかがでしょうか?
以上、緑茶インストラクターのご紹介でした。
日本インストラクター協会の緑茶インストラクター詳細はこちらから↓
https://www.jpinstructor.org/shikaku/midoricha/
日本茶・お茶  日本茶・お茶

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP