食育

管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

普段買い物をするときに、栄養について考えることはありますか?
食材には旬があり、旬の時には一番栄養価が高く、味も最高に良く、流通量が多いことで価格も安くなります。スーパーで「旬だから」という理由で買う人もいるのではないでしょうか。
食材に含まれる栄養素を理解していると、効率の良い摂取の仕方や調理方法がわかります。例えばビタミンにはいろんな種類がありますが、調理途中で失われやすいビタミンCは生で摂取するか汁ごと食べる料理を作ることで効率よく栄養を摂ることができます。またビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することでその働きを補助する役割を果たします。
このような知識は、慣れてくるとそれほど悩まなくても相性の良い食材の組み合わせ方を決めることができるといううれしい効果があります。また基本を理解するとそれを活用することでどんどん試したくなる効果もあります。
今回は食材の栄養についての知識を試すことができる資格である「管理健康栄養インストラクター認定試験」についてご紹介したいと思います。

管理健康栄養インストラクター認定試験とは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。
出題範囲は、食材が持つビタミンなどの栄養素についての知識、腸内細菌が体に及ぼす効果についての知識、食品表示の見方についての知識など、食品に関する知識が一定以上である方に与えられる知識です。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

栄養素と腸内細菌の関係

腸のなかには100兆(!)とも言われる腸内細菌が住んでいます。腸内環境が良いと、栄養素を効率よく取り込み体に行き渡らせることができますが、腸内環境が悪いといくら栄養のある食事をしたとしても腸内で吸収できずに体外に排出されてしまうというもったいないことになってしまいます。腸内環境は病気や不規則な生活、ストレスが原因ですぐに悪くなってしまいます。また抗生物質を摂取すると善玉菌が少なくなる要因にもなります。ちょっとしたことで均衡が崩れるだけに、腸内環境を整えることは非常に重要です。
管理健康栄養インストラクター認定試験の出題内容として、栄養素だけでなく腸内環境にも触れている点は、「摂取したものの栄養素+その受け皿(腸内環境)」を理解する上で非常に優れていると言えます

管理健康栄養インストラクター認定試験の口コミ

日本インストラクター協会の資格は講師として活躍したい方や独立してフリーで働きたい方に適した資格が揃っています。「インストラクター」という名前の通り、人に知識や技術を教えることに特化しているので、人に教えるのが好きな方には適していると言えるでしょう。各スキルについて一定の知識・技術があることを証明するので、資格を取得したことで就職や転職に役立てることができると評判です。
管理健康栄養インストラクター認定試験の資格を活用して料理教室や飲食店などで働くことができ、また独立してインストラクターとして働くこともできます。
仕事でなくとも日常生活のなかで栄養のある食材選びができ、献立にもそれほど悩まなくなりますので、主婦の方にもオススメの資格です。
いかがでしたか?
管理健康栄養インストラクター認定試験は普段の生活でもそうですが、仕事としても生かすことができます。持っていて損はすることのない資格なので、興味をお持ちの方は是非取得してみてはいかがでしょうか。
日本インストラクター協会の管理健康栄養インストラクター認定試験詳細についてはこちらから
https://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/
食育  食育

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP