福祉資格

福祉資格人気ランキング

近年、益々需要が高まっている福祉業界ですが、細かくたくさんの資格があることをご存知ですか。福祉関係の仕事をしたいと思っている方は資格をもっていないと仕事の幅が制限されてしまう可能性があります。
どのような資格があるのかランキング形式でご紹介します。

1位 福祉心理カウンセラー

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格です。福祉の現場で必要な福祉の知識の他、心理学やカウンセリングのスキルも身につけることができます。
福祉のみならず心理学へ広げて学べることが人気の理由です。

2位 福祉心理アドバイザー

日本インストラクター協会主催の資格です。福祉と心理学、カウンセリングの知識を一定水準以上持っていることが資格取得の条件です。アドバイザーとして他人に指導できるようになるので、資格取得後は教育の現場で活動ができます。
自らが福祉の現場で資格を生かすだけでなく、他人に教えることができる点が人気の理由です。

3位 介護福祉士

介護業界で年収やキャリアアップを目指すためになくてはならない資格が介護福祉士です。介護実践の場で即戦力として役立つのがこの資格です。
国家資格であること、ペルパーの第一関門であることが資格人気の理由です。

4位 福祉住環境コーディネーター

身体に障害を抱えている人や高齢者のための住居づくりを提案する仕事です。バリアフリーや酢生活がしやすい環境を整えるプランニングを行います。また、介護用品や生活用品についてもアドバイスできる知識が身につきます。
近年、特に注目されている資格で、福祉用具専門相談との相性も良いことが人気の理由です。

5位 社会福祉士

医療や福祉施設を利用する人へ相談や援助を行うのが社会福祉士です。介護福祉士は介護実務を専門としていますが、社会福祉士は介護計画や社会復帰のケアプランニングを専門に行います。
福祉系の大学で指定科目を学び、試験を受けて合格することが資格取得の方法です。受験資格に制限があることでより専門分野の知識が必要であることが人気の理由の一つでもあります。

6位 保育士

保育士になるためには、大学や専門学校などの養成学校で保育について学び、保育士試験に合格する必要があります。社会福祉、心理学などの知識と実技を一定水準以上身につけることが条件です。
保育士の需要は毎年高くなっているため、人気の資格です。

7位 ケアマネージャー

実務経験が5年必要な難関資格です。合格率も20%なので、専門職としての介護支援が可能となります。正式名称は介護支援専門員です。介護支援を含めたモニタリングや総合的な介護のアドバイスやケアプランニングを行います。
介護福祉士からのステップアップとして、より高度な知識と技術を身につけるために受験する人が多いです。難関資格のため、取得後の仕事で活躍できる点が人気の理由です。

8位 ガイドヘルパー

ガイドヘルパーの正式名称は移動介護従事者です。障害を持つ人の移動に関しての補助を行います。外出の介助を行い、自立支援を助けることが目的です。
ホームペルパー2級でも知的障害者の外出介助を行うことは可能ですが、ガイドペルパーの資格を取得することで介助できる範囲が大きく広がります。
ホームペルパーのステップアップ資格として人気があります。

9位 実務者研修

ホームペルパーの名称で知られる実務者研修は介護に関する知識や能力はもちろん、医療分野の介護技術を身につけることができます。介護福祉士の受験資格に実務者研修を修了していることが条件となっているため、この資格を取る人は多いです。
介護業界で仕事をするためには初級として必須の資格です。

10位 介護事務

事務職として福祉に関わりたい人におすすめなのが介護事務です。主な仕事は介護保険の計算です。正確には「介護報酬請求業務」と呼ばれ、介護保険の利用者負担分以外を国や当道府県に請求する業務を行います。
通信講座で最短3日間で学ぶことができるため、人気があります。

まとめ

福祉関係の資格ランキングはいかがでしたか。似た資格でも級によってできること、できないことが生じてきます。福祉、介護に携わりたい人は是非資格に挑戦してみてくださいね。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP