福祉資格

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

心理カウンセラーという仕事はよく耳にしますが、福祉心理カウンセラーという言葉は初めて聞く、という方も珍しくはないかもしれません。
昨今、超高齢化社会となりつつある日本で社会問題となっているのが、介護や福祉の人員不足です。
重労働でありながら低賃金の職場が多く、長く務まらない方も多いといいます。
それに伴い現場の職員や、高齢の方を介護する家族など、介護や福祉に携わる人々に強いストレスがかかることも重大な社会問題のひとつとなっています。
何かとストレスの多い現代社会では心のバランスを崩し、働けなくなる人も多いため、福祉のみならず、様々な業界でのストレスケアを行う専門家の需要が高まっています。
そんな需要に応える資格が福祉心理カウンセラーの資格です。
今後ますます需要が高まっていくこの資格についてご紹介します。

福祉心理カウンセラーとは

日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する福祉心理カウンセラーは、通常の心理カウンセラーが扱う、心理学の基礎知識のみならず、福祉に関しての知識も求められます。

通常の心理カウンセラーと同様に、会社に勤める人や、子育て中のお母さんなど、様々な場面でのストレスケアに加え、介護福祉の専門知識も持ち合わせているため、特にストレスの多い老人介護施設に勤める方や、家族の介護を行っている方にも、2つの専門家の立場からアドバイスを行い、ストレスをケアすることができます。

資格の取得には、心理学や福祉の基礎知識はもちろん、様々なストレスから生じる身体的、心理的症状をしっかりと理解し、的確にアドバイスを行う能力が求められます。

資格取得後はプロのカウンセラーとしての活動が許されます。

福祉心理カウンセラー認定試験認定試験について

福祉心理カウンセラー認定試験試験は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。
試験は偶数月に行われており、在宅で受験できることから、気軽に受験できる資格のひとつです。慣れている自宅で受験できるので、勉強している時と同じ環境で安心して試験に臨むことができます。
試験日は特に定められておらず、定められた期限までに自宅で受験し、答案を返送します。

福祉心理カウンセラー認定試験の口コミ評判

福祉心理カウンセラーは責任が重く需要のある資格といえますが、資格自体はしっかりと勉強に取り組み、試験に挑めば取得できる資格です。

実際に試験に合格した人の口コミを見てみましょう。

・テキストに沿った勉強で取得が可能な資格でありながら、スキルアップに直結する

・これまで以上に患者さんの立場に立ったアドバイスができるようになった

・知識の幅が広がるので、スキルアップに繋げたい

・就職活動でのアピールポイントにしたい

その名の通り、資格の取得をした人の多くは福祉や医療の現場で働く人が自身のスキルアップや現場への貢献のために、という志をきっかけとしているようです。

資格取得のための勉強は合格者の多くが通信教育学習を選択しており、働きながらでも自分のペースで勉強を進めることができます。

まとめ

ストレスの多い現代社会、加えて超高齢化が進み、介護、福祉、医療の現場で働く人々のストレスが問題となっている昨今。

福祉、介護に携わる人々をはじめ、幅広くストレスを抱える人々のケアを行う福祉心理カウンセラーの資格は今後需要が高まる仕事と言えるでしょう。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP