福祉資格

福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

今、福祉や介護の現場で注目を集めている資格が、福祉心理アドバイザーです。

今後高齢化が進んでいく中で注目されるジャンルである、福祉や介護の業界では、業界に携わる人の心のケアも今後重要となってくることが予想されます。

介護の現場では人手不足も相まって、働き手に心理的にも肉体的にも大きな負担がかかっていることが問題視されています。

仕事として介護に携わっている人でも心のバランスを崩してしまう、デリケートな現場です。

医療や福祉も含め、家族の介護をしている人の中には、先の見えない状況への不安から自殺や無理心中をしてしまう悲しいケースも後を絶ちません。

そのような悲しい事件を減らし、なくしていくためにも、働く人を含め、患者さんや利用者さん、そして家族など医療、福祉、介護の業界に携わる人々の心のケアが重要になってくるのです。

そんな注目の業界で活躍できる資格が福祉心理アドバイザーです。

福祉心理アドバイザーとはどのような資格なのか、どのような技能が問われるのか、

実際に受験した人の口コミなども含めてご紹介します。

福祉心理アドバイザーとは

福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター協会が主宰する福祉心理アドバイザー認定試験に合格した人に与えられる資格です。

類似した名称の資格に福祉心理カウンセラーという資格がありますが、認定している団体が異なる他に、資格を持った人に求められる技能も異なっています。

同じように、介護や福祉の知識と心理学の知識を持っていることが求められますが、福祉心理アドバイザーは、カウンセラーと異なり、アドバイザーとして指導に当たることが必要となります。

心理学や福祉について一定以上の知識を持っていることはもちろん、教育者として人に教える力が問われる資格となっています。

資格の取得後は介護や福祉の現場で活躍する他に、自分で教室を開いたり、セミナーで人に教える、といった幅広い活躍が見込める資格となっています。

福祉心理アドバイザー認定試験について

福祉心理アドバイザー認定試験は、日本インストラクター協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。

試験は概ね偶数月に行われており、年に6回受験する機会があるので、合格のチャンスが多い資格といえます。在宅で受験できることから、気軽に受験できる資格のひとつです。勉強した環境と同じ自宅で受験できるので、緊張してしまうこともなく、安心して試験に臨むことができます。

定められた試験期間中に送付された問題に回答し、提出期限までに解答用紙を返送する形での受験となりますので、時間に追われることなく、落ち着いて解答できますね。

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ

福祉心理アドバイザーは資格取得後に幅広い活躍が見込める資格ながら、在宅で受験が可能で、試験も年に6回程度行われており、しっかりと勉強をすることで比較的取得しやすい資格であるところも魅力的です。

実際に資格を取得された方の声を紹介します。

・心理学にもともと今日にがあり、今後注目の福祉の知識も同時に勉強できるので、福祉心理アドバイザーの資格を目指した。勉強を通じて得た知識を仕事に活かしたい。

・いずれは講師の仕事をしたいと思い、資格を取得した。

・福祉の現場では心理学を知っているのといないのとでは仕事の質に大きな差がある。業界でキャリアアップできるよう、努力したい。

・もともと心理学に興味があり、福祉の知識も同時に勉強できる福祉心理アドバイザーに魅力を感じ資格を取得した。

上記のように、心理学に興味のある方や、すでに現場で働いている人がスキルアップ、キャリアアップのために取得するケースが多いようです。

まとめ

福祉や介護の現場でますます需要が高まる心のケアの専門家に関する資格の一つが福祉心理アドバイザーです。

資格取得後はご自身が現場で活躍するのみでなく、指導者や講師としての活躍も見込めるので、幅広く活躍したい方や教える、伝えることに興味のある方に最適な資格と言えます。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP