盆栽

盆栽資格人気ランキング

盆栽は日本の文化で年配の人が楽しむものというイメージがあり、盆栽を趣味とする人口は一部だと感じている方もいるでしょう。しかし、海外の富裕層に盆栽はとても人気があります。円高で輸出業が落ち込んだときでさえ、盆栽の売り上げは右肩あがりでした。

そこで、盆栽の資格にはどんなものがあるのか、ランキング形式で見ていきます。チェックしてみてください!

1位 盆栽クリエイター

盆栽の専門知識や管理方法をマスターした人に与えられます。和庭での盆栽の栽培や海外での盆栽の位置づけなど盆栽の歴史の知識も必要です。

また、盆栽を自分で作っていくには使う肥料や鉢、苔などを選ぶことから始まります。剪定の種類や剪定を行う季節も知識として学んでおく必要があります。盆栽クリエイターの資格では水の上げ方や針金の掛け方など盆栽を育てる上で必要な細かい知識まで習得できます。

葉を刈るタイミングや苔を埋め込むタイミングによってもうまく盆栽が育つか変わってきます。

日本の伝統園芸を海外の人にも伝えやすくしてくれるのが盆栽クリエイターです。正しい知識を身につけることができるため、人気があります。

最近では日本の文化に刺激を受けた海外の人が資格に挑戦するケースも増えて来ています。

2位 苔玉作りインストラクター

苔玉とは球の形をしたインテリアです。土の上に苔を張り巡らせて苔玉を完成させることができます。
苔玉の作り方や苔玉を作る際に必要な道具の種類や使い方についても学ぶことができます。季節ごとに最適な苔玉の置き場所や苔玉に使う肥料や苔玉と盆栽の種類など幅広い知識が身に付きます。

難しい印象を持っているかもしれませんが、初心者でも始めやすい講座もあります。コツさえつかめればアレンジしたものも作りやすく、段々と面白くなってきます。

和でも洋でも合う苔玉は女性の間でも人気が高まっています。部屋のインテリアとしてアレンジした苔玉を飾れば、素敵な小物になりますよ。

資格取得後は苔玉作りを自分で行うだけでなく、指導者としても活躍が期待できるため人気があります。

3位 盆栽士

民間資格でありながら、長年人気を誇るのが盆栽士です。盆栽の基礎知識を得ることができます。芽つみや剪定、害虫駆除方法まで盆栽全般について学ぶことができます。

盆栽そのものだけではなく、市場の動向や需要、苗木販売戦略についても学ぶことができるため、技術を生かして販売することもできるようになります。40年以上の歴史があるこの資格を取得していれば、周りから色々な場面で重宝されるかもしれません。

また、盆栽を扱う園芸店などで実地経験を積むことで、将来独立してお店を開くことも可能です。

自分の作品のクオリティを上げて販売したり、独立したりと幅が広がるきっかけとなる資格のため、人気があります。

4位 菊花園芸士

日本園芸協会認定の資格です。菊の栽培方法から三本立てや福助づくりなど菊づくりについて本格的に学べる資格です。

屋外に飾る大菊や小菊、古典菊の仕立て方について学べるのはもちろん、菊盆栽についても製作方法を身につけることができます。

菊の鑑賞方法や品評会の審査基準などを知ることで、自らの仕立てた菊を更に芸術的にアレンジすることができるようになります。まさに菊のエキスパートといえる資格です。

園芸の中でも特殊な菊に特化した資格であることから専門的な知識を身につけて差をつけたい方に人気があります。

まとめ

盆栽に関する資格はいかがでしたか。本格的な盆栽を一から学んで海外に広めて行くのも良し、生活の一部に苔玉を取り入れたいというのも良し、人によって色々な目的で盆栽の資格に挑戦しています。日本の伝統的な文化である盆栽作り、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。
盆栽  盆栽

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP