盆栽

盆栽クリエイター口コミ評判

小さなお盆のような鉢の中に日本の四季折々の景色を表現するのが盆栽です。
日本のわびさびの象徴のような盆栽はこれまで比較的年配の方の趣味というイメージがありましたが、近年ではジャポニズムの海外でのブームも相まって、日本情緒を凝縮したこの盆栽がアメリカやヨーロッパを中心に評価の高まりを見せています。
海外でも盆栽の専門雑誌の刊行があったり、学問として大学の学科が設立されるなどその人気は高まるばかりと言えます。
そんな盆栽ですが、実は盆栽クリエイターという資格があります。
海外でも人気の盆栽の専門家として認定される、盆栽クリエイターの資格をご紹介します。

盆栽クリエイターとは

盆栽クリエイターは日本デザインプランナー協会が主催する資格です。
盆栽の基本的な知識を有している方に認定される資格です。
必要な知識の内容としては、盆栽の歴史、盆栽に用いる植物や土、鉢などの道具の種類の知識、盆栽のお手入れや育成の技術に関する知識から、用語の知識、また海外での盆栽のあり方、盆栽の選び方買い方まで多岐にわたります。
資格取得後は、盆栽クリエイターとしての活動のほか、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が見込まれます。

盆栽クリエイター認定試験について

盆栽クリエイター認定試験は、日本インストラクター協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。
試験は偶数月に行われており、在宅で受験できます。申し込み後、試験期間に問題用紙と解答用紙が協会より送られてきますので、試験期間内に自宅で試験を行い、解答用紙を期限までに返送用の封筒で送ります。1カ月ほどで合否が発送されてきます。

盆栽クリエイター認定試験の口コミ

・趣味の盆栽に関して、しっかりと知識として学ぶことができた。
・盆栽に興味があったが、どうやって始めたらよいかわからず、始められずにいたところ、資格があることを知った。資格取得という目標ができたので、盆栽を実際に始めるよいきっかけとなった。
・基本的な盆栽の知識はもちろん、高度な技術や知識も学び、身につけることができてよかった。
・以前から趣味としていた盆栽だが、資格を取得したことにより専門家としての知識があることの証明となった。その結果、カルチャースクールで講師として活動することに結びついた。
・資格取得に向けて盆栽についてしっかりと勉強することによって、盆栽の魅力をさらに感じ。ますます好きになった。
資格取得のきっかけとしては、盆栽を以前から趣味としていた方や、盆栽を始めてみたいなど、仕事と言うよりは趣味として興味のあった方が志すことが多いようです。
また、資格として知識や技術の証明になるものを取得したことで仕事に結びつくなど、好きなことを仕事にするチャンスもある資格であると言えそうです。

まとめ

盆栽は日本文化の中でも四季折々の自然の景色を小さな鉢の中に表現する、という芸術的な分野として海外でも大変人気を集めています。
趣味として盆栽を育てているという方も多いですが、専門家としての知識をしっかりと持ち資格を取得している方は少ないので、資格取得後は講師やクリエイターとして仕事のチャンスも見込める資格です。また、海外での注目の高さから、盆栽に興味があり、外国人向け、または海外で講師として活動したいという方にも最適な資格と言えるでしょう。
盆栽  盆栽

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP