発酵食健康アドバイザー口コミ評判

「発酵食」と聞くと、納豆、チーズ、ヨーグルト、キムチ、パン・・・などから、日本酒やビールなど、日常、口にしている食品を多く思い出せるのではないでしょうか?

「発酵」とは、微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益に作用することをいいますが、本当に奥が深いものなんです。私たちが毎日のように口にする味噌も、1つ1つ作られるお店の大豆や発酵時間、その後のねかせる年数などで、私たちのカラダへ及ぼす影響が違ってくるんですよ。「発酵食」が私たちの健康へ与える影響は大きく、1.免疫力アップ、2.アンチエイジング、3.デトックス効果、と言われています。

近年では、自分の口にいれるものだからと、いろいろなこだわりをもって食品やその原料を選ぶ人が増えてきました。ネットなどを検索すると、手作り納豆やヨーグルトなどの「発酵食」を自宅で作る方法を紹介しているページを発見することができます。それだけ注目が集まりつつある「発酵食」。発酵食や健康に興味があれば、この機会に、ぜひ【発酵食健康アドバイザー】の資格を取得してみてはいかがでしょうか?

【発酵食健康アドバイザー】とは?

この資格をもっていれば「発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定されます。発酵食品の発酵の過程における微生物や菌の働きに関して熟知し、美容や健康にどのような効果があるのか、乳酸菌発酵やアルコール発酵、酢酸発酵の違い、糖化発酵、乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌のそれぞれの働きや効果に関する知識を有していること」が証明されます。

また、「発酵」についての知識だけでなく、発酵食品を使った料理や効果的な食べ合わせの方法、自家製発酵食の作り方や、普段の生活に効果的に発酵食品を取り入れるためのアドバイスをする知識、技能も証明されます。他の食品関係の資格と合わせて取得することで、さらに活動の幅が広がることでしょう。

日本人は普段からお味噌汁や醤油など、発酵食品をよく口にしています。慣れ親しんだ食品ですので、すんなりと学ぶことができるのではないでしょうか?その学びの成果を、ぜひこの【発酵食健康アドバイザー】の資格を取得することで確かなものにしてみてください。

【発酵食健康アドバイザー】の受験方法

日本インストラクター(JIA)が認定する資格になります。

受験方法は、インターネットを活用したシステムが確立されているため、在宅受験も可能。忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすいのも嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。受験資格も問われません。合格基準として70%以上の評価が必要と表記されています。合格に向け勉強をし、確実に合格を手にする準備しておきたいですね。

【日本インストラクター(JIA)】とは?

この協会は、「生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定と同時に、各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること」を合否の1つとしています。さらに、「各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度」を提供しているため、この協会で資格を取得後は、各スキルを必要としている企業、現場において、すぐに実践にうつし、活躍することができます。

今回ご紹介した【発酵食健康アドバイザー】以外に、「健康西洋料理インストラクター」や「ファスティングインストラクター」、近年、人気が高まっている「マクロビフード健康インストラクター」など食品に関する資格を多岐にわたって承認を行っています。多くの情報を把握・理解している協会となります。

最後に

『世界五大健康食品』と呼ばれている、

・スペインのオリーブ油

・日本の大豆製品

・韓国のキムチ

・インドのレンズ豆

・ギリシャのヨーグルト

このうち3つが「発酵食」になります。そのくらい、健康や美容に密接に関係する発酵食。注目が集まるのもうなずけます。今まで以上に素敵な人生をおくるために、ぜひ【発酵健康アドバイザー】に挑戦してみてください。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP