猫

猫資格人気ランキング

家族の一員として、自宅で猫を飼っている人は多いが、その中で猫の健康管理や育て方にについて正しい知識がある飼い主さんは、一体どのくらいいるのだろうか。ここでは、愛猫家の人にも、ペット関連の仕事につきたい人にもおすすめの猫に関する民間資格をランキング形式で発表する。

1位 猫の育て方アドバイザー

猫の育て方アドバイザーは、日本生活環境支援協会の資格である。在宅で受ける試験に申し込み、70%以上の得点を取ることができれば合格だ。受験資格は特にないため、未成年でも主婦の方でも、興味があれば気軽に受けられるというのが、特徴である。試験内容は、
・猫を飼う前にそろえる用具とその特徴
・猫の飼育にかかる費用
・猫に良い環境づくり
・猫の選び方、子猫と母猫のお世話方法
・猫の病気と動物病院での対応
・猫の健康に関して(猫に食べさせてはいけない食品、手入れの方法、避妊と去勢)
などが出題される。猫を育てるにあたり十分な知識を持っているかが問われる試験となっている。資格を取ると、猫の育て方アドバイザーの講師になることもできる。講師活動に興味がない人であっても、愛猫との生活に役立つ知識が満載なので、飼い主さんには是非挑戦してほしいと思う。

2位 猫の健康管理インストラクター

これは日本インストラクター技術協会が認定している資格で、猫について良く知りたい人、愛猫の健康管理をきちんと行いたい人に挑戦してもらいたい資格である。受験資格は特になく、在宅試験で70%以上の得点で合格になる。試験に挑戦するうえでは、以下の知識が必要になる。
・多種多様な猫の種類を知っており、それぞれの猫の歴史、原産国がわかる
・猫の種類ごとの顔や目を始めとした部分的な特徴について
・猫の種類ごとの性格について
・猫のお手入れ方法と、育成に適した環境について
などだ。資格取得後は、猫の健康管理インストラクターとして、自宅・カルチャースクールで指導することが可能だ。もちろん、愛猫のお世話にも大いに役立つ資格なので、興味があれば積極的に挑戦してはどうだろうか。

3位 キャットケアスペシャリスト

キャットケアスペシャリストは、日本ペット技能検定協会が認定している資格である。資格取得のためには、協会が指定している通信講座、ヒューマンアカデミーたのまなの『キャットケアスペシャリスト講座』を受講後、筆記試験に合格することが必要だ。受験資格はないため、年齢性別にかかわらず、多くの愛猫家やペット関係の仕事に従事している人が受験していることが特徴である。『キャットケアスペシャリスト講座』の内容は、猫の基本知識から、飼育管理方法、美容学、生態学などの専門学まで網羅している。一見難しそうだが、初心者でもついていけるようなカリキュラムが組まれているため、知識がゼロの人でも取り組みやすい。また、講座を修了と同時にキャットシッターの資格も同時に取得できる。筆記試験に関しては、講座をしっかり受けていれば簡単な問題ばかりなので、まずは講座にしっかりと取り組むことが合格の近道といえる。キャットスペシャリストになると、自分で飼っている猫のお世話に役立つほか、動物病院をはじめとした動物関連の仕事にも役立てることが可能だ。

4位 キャットシッター

キャットシッターは猫専門のシッティング業務に従事したい人向けの資格である。愛猫の世話をプロに任せたいと考えている飼い主さんに強い影響力がある資格で、注目度が上がっている。キャットシッターになるには、協会が認定する通信講座である、ヒューマンアカデミーたのまなの『キャットケアスペシャリスト講座』を修了し、その後に行われる筆記試験に合格すればよい。資格取得後はペットショップ、動物病院を始めとした猫に関係がある仕事に就いている人が多い。もちろん、自分で愛猫のシッティングをしたい人にもぴったりの資格だ。

5位 キャットフレンドリーパーソン

キャットフレンドリーパーソンは、ヒューマンアカデミーたのまなの『愛猫健康講座』を修了すると取得できる。『愛猫健康講座』は猫専門病院の院長さんが監修しただけあり、猫の病気と特に多い症状、病気への対処法、病気特定の観察ポイントなど、病気や健康管理に関する知識が凝縮されている。愛猫が体調を崩さないように、また、体調を崩してしまった時に慌てないために、十分な知識とスキルを手に入れるにはもってこいの資格だ。日々愛猫をお世話している方々に、ぜひ取得してもらいたい資格の一つである。
猫の育て方資格  猫の育て方資格

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. カラー
  7. ハーブ
  8. ソムリエ協会
  9. cad
PAGE TOP