猫の健康管理インストラクター口コミ評判

・猫を拾ってしまった

・以前から猫に興味があったので里親会から迎えた

・ずっと室内で飼っていた猫にノミがついてしまった

・猫がひっかりたり、かみついたりしてくる

・ブラッシングをしても抜け毛がすごい

・多頭飼いを始めたが、どのように餌を与えていいのかわからない

・去勢は猫にとって必要なの?

・あげた食事を食べてくれない・・・

犬に比べると比較的飼いやすいと聞く猫ですが、実際飼いだすといろいろな疑問や質問、悩み事がうまれてくるものです。猫だって生き物で、成長もしますし、感情だってあります。ぬいぐるみ感覚で飼うことなどできません。家族同様、猫だって健康に幸せに、一緒に生活をおくりたいですよね。

では、猫に関する正しい情報はどこで手にいれたらいいでしょう?

ご近所の猫好きさんに聞く?でも少し不安が残りますよね。逆もあります。あなたがすごく猫好きだった場合。お友だちにきかれた場合「私の家の猫の場合は・・・」「私の経験では・・・」と確信をもって話すことができないのではないのでしょうか?

【猫の健康管理インストラクター】の資格を取得することで、相談するほうもされる方も、安心が生まれてくるのがこの資格です。猫好きさんには注目していただきたい資格です。さらに、ペットショップや里親会などで、すでに猫と専門的に接していらっしゃる方は、あなたご自身のスキルアップのためや、活動の場を広げるために役にたつ資格になりますよ。

【猫の健康管理インストラクター】とは?

この資格は「猫の健康管理インストラクターとして、猫の種類別の知識を有していることが証明されます。日本特有の猫だけでなく、世界の猫まで多数の種類の猫の歴史や原産国、顔や目といった見た目の部分別の特徴、性格やお手入れ、育てる環境などに関する知識を有していること」が証明されます。

猫好きの人は多くても、この資格を所有している人はまだ多くありません。しかし、猫の種類に応じた相談ができるという理由から【猫の健康管理インストラクター】の評価は非常に高く、活躍の場が広がりつつある資格です。

【猫の健康管理インストラクター】の活躍の場

この資格は、ペットショップや里親会などで、とても有効に活用することができるのは、みなさんも想像がつくでしょう。さらに近年は犬と同様に「猫のしつけ教室」といったカルチャースクールが開催されたり、実際に猫と一緒にご自宅で指導をうけることもできる個人スクールなどもあるんですよ。もちろん、その時にこの【猫の健康管理インストラクター】の資格を提示すれば、グッと信頼度はアップするでしょう。その他、ペットシッターやネコカフェなどで働くなど、あなたのアイデアと猫への愛情があれば、どんどんと活躍の場が広がる資格になるでしょう。

【猫の健康管理インストラクター】の受験方法

日本インストラクター(JIA)が認定する資格になります。

受験方法は、インターネットを活用したシステムが確立されているため、在宅受験も可能。忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすいのも嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。受験資格も問われませんので、すでに猫関係の仕事に付いている方、無類の猫好きの方と、いろいろな方に受験していいただけます。

【日本生活環境支援協会(JLESA)】とは?

この協会は、「生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定と同時に、各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること」を合否の1つとしています。さらに、「各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度」を提供しているため、この協会で資格を取得後は、各スキルを必要としている企業、現場において、すぐに実践にうつし、活躍することができます。

今回ご紹介した【猫の育て方アドバイザー】以外に、「犬・猫ペットブリーダー認定試験」や「ペットトリミングアドバイザー」、「ドッグトレーニングアドバイザー」など、多岐にわたってペットに関する資格承認も行っています。それだけ、いろいろな情報を収集・発信できる協会でもあります。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP