犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

ペットブームが続く今日。あなたは、どんなブリーダーやペットショップを信頼しますか?

・感染症予防をはじめとする管理がしっかりされている

・飼い主の声にしっかりと耳を傾けてくれる

・繁殖だけでなく、捨て犬・捨て猫をなくすための活動もされている

・動物病院、ペットショップ、ブリーダーそれぞれ連携体制がとれている

・動物の専門知識を有したスタッフが対応していくる

・環境や社会にまで配慮ができている

・登録番号、飼育頭数など、ブリーダーとしてのしっかりとした情報が開示されている

こんな意見が出てくるのではないでしょうか。

残念なことに、正しい知識もないまま、利益優先のブリーダーや、彼らから犬・猫を譲り受けているペットショップも極一部に存在するようです。しかし!ペット業界に属している方たちの多くは、心から犬・猫をはじめとしたペットが好きで、愛をもって接しいる方たちばかりです。

今後、特にブリーダーとして活躍していきたあなた。あなたの動物への愛や知識を【犬・猫ペットブリーダー】という資格で形にし、信用につなげてみませんか?

【犬・猫ペットブリーダー】とは?

この資格を所有することで「家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していること」が認定されます。

「ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備(動物取扱業)、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任など、ブリーダーとしてのビジネスに関する知識を有していること」も証明されます。犬・猫に関することだけでなく、開業から宣伝などまでビジネス的要素も含まれていることが特徴になります。

【犬・猫ペットブリーダー】への道

動物が好きだからといって、「ブリーダー」は簡単になれるものではありません。特に資格や学歴を必要としませんが、尊い命を扱う仕事になります。深い知識と経験が大切になってきます。そのため、それらを本などから学ぶには限界があるかと思います。多くの専門学校があるのでそちらを覗いてみるのもいいと思います。時間の自由が効かないかたは通信教育などもあります。身近にすでにブリーダーとして活躍している方がいれば、その方に教えていただくのも1つの方法かもしれません。確実に【犬・猫ペットブリーダー】の資格を手にするために、1つ1つ勉強されることをオススメします。

【犬・猫ペットブリーダー】の受験方法

日本生活環境支援協会(JLEAS)が認定する資格になります。

受験方法は、インターネットを活用したシステムが確立されているため、在宅受験も可能。忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすいのも嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。受験資格も問われません。

この協会は、この【犬・猫ペットブリーダー】の資格だけでなく、「猫の育て方アドバイザー」や「ドッグトレーニングアドバイザー」、「ペットトリミングアドバイザー」など多くのペットに関する資格も扱っています。大切な家族の一員であるペットのために、一生ともに生きるために、それらを守るブリーダーやアドバイザーとして、これらの資格もあわせて取得することで、あなたの活躍の場も広がると思いますよ。

最後に

ブリーダーは、「犬や猫が好きだから」という理由でなれるものではありません。開業には「動物取扱業」の登録を行う必要があります。そのためには、確かな知識と経験、資格が必要になってきます。そして何より、子犬・子猫を受け入れる飼い主さんたちからの信頼が必要です。その信頼を得る1つの方法として、ぜひこの【犬・猫ペットブリーダー】の資格の取得に挑戦してみてください。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP