ドッグトレーニング

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

犬のしつけは、飼い主みんなの悩みどころですよね?夜に吠えたり、家のものをグチャグチャにしちゃったり、言う事を聞かなかったり
人によってはドッグトレーナーに預けてしつけをトレーニングしてもらうと言う人もいるでしょう。しかし犬のしつけの大半は飼い主に問題があるのです。今の時代、ちょっと怒ると動物虐待と周りから見られるんじゃないかとビクビクしたり、何をしてても可愛くて怒れなかったりと、しつけの仕方が分からないという人は多いのではないでしょうか。
そんな時代を反映してか、今ドッグトレーナーになるための資格がたくさん出ています。その中で最も人気のある資格をいくつかの紹介します。

1位『ドッグトレーニングアドバイザー』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本生活環境支援協会が主催している認定試験です。この試験を取得するためには、家庭の犬に関する基礎知識やトレ-ニングの手順などの知識を有していることが認定されます。お手やお座りは出来て当たり前、室内トイレや来客時の対応をできるようにします。

2位『犬のしつけインストラクター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>

日本インストラクター協会が主催している認定資格です。

この資格は犬のしつけに関して、犬種や性別、大きさなどに応じたしつけの仕方をインストラクターとして、人に教えることのできる人財に与えられる資格です。

資格を取得することによって、自宅やカルチャースクールでの講師活動を行うことができ、自分の知識を人に伝達することが仕事として可能になります。

3位『家庭犬ドッグトレーナー』

<通信講義・費用174,000円>

日本ペット技能検定協会が認定している資格です。トレーナとしての講義だけでなく訓練技術や将来ドッグトレーナとして独立してビジネスにできるように、ペットビジネスに関する知識も学ぶことができ、一定の知識を持った人を認定する資格です。

この資格を取得して後は、ペットショップや犬の保育園、しつけ教室などで活躍することができるようになります。

4位『JCSA認定「ドッグトリマー」』

<専門講義受講後試験・費用126,000円+6,000円・期間5ヶ月+試験>

JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)が認定している資格です。

ドッグトリマーの資格には、「JCSA認定マスターライセンス」があります。まずは5ヶ月間の講義受講の上、試験に合格することでそれが付与されます。トリマーとしてライセンスを取得したら、ペットショップなどで働くことができます。もちろんその後、さらに技術を磨き、上級ライセンスを取得することで開業できたり、ペットホテルや動物病院で働くこともできるようになります。トリマーとしてペットショップでアルバイトとして働いている人にとっては、待遇アップや仕事における自信を付けるという意味でドンドン上級の資格にチャレンジする人は多いようです。資格がなくてもペットショップで働くことはできますが、待遇面ではあまり良いとは言えないのが現状のようですね。動物が好きで一緒にいられるだけで良いという人であれば問題ないと思いますが、最近はガラス張りの作業スペースでトリミングしている人もいるので、仕事中のプレッシャーは例え資格がなくても大変なものでしょう。なので、できればちゃんとトリマーの資格を取得してから働くことをおすすめします。

5位『JCSA認定「ドッグトレーナー」』

<専門講義受講後試験・費用106,000円+6,000円・期間5ヶ月+試験>

JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)が認定している資格です。取得するには、犬のしつけの意義やトレーニング方法、コミュニケーションのとり方などに関する幅広い知識と技能を習得する必要があります。そのためには、JCSAが認めたドッグトレーナー養成専門講義を受講し修了する必要があります。

取得すれば、ドッグトレーナーとして人に犬の飼い方、しつけの仕方などの適切な指導・助言ができるようになります。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP