焼酎

焼酎資格人気ランキング

仕事が終わった後にぐいっと飲むとおいしい焼酎。焼酎の味、特徴、生存方法などを問う資格や、焼酎を提供するときのグラスの選び方、料理に合う焼酎の選び方、はたまた雰囲気作りに関することまで学ぶ資格など、焼酎に関する多くの民間資格が存在していることを知っているだろうか。ここでは、飲食関係の仕事に活かしたい人・趣味として焼酎をもっと知りたい人におすすめの焼酎の資格をランキング形式で紹介していこうと思う。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターは、日本安全食料料理協会が認定している資格で、焼酎の味や特徴などの基本的な知識に加えて、飲む人の好みに合わせた焼酎を提供できるスキルを持っていると認められるものだ。資格取得には、協会が行っている焼酎セレクトマイスターの試験に挑戦し、70%以上の得点をとる必要がある。試験内容は、
・焼酎の歴史、製造方法、原材料(芋、麦、米など)に関する知識
・各土地の気候・風土・文化に合わせた焼酎造りの手法
などである。年齢制限や受験資格はなく、誰でも挑戦できることも特徴である。70%以上が合格となる。焼酎セレクトマイスターの資格はお酒を販売する人、飲食業界で働いている人には役にたつ資格といえる。また、焼酎が好きな人、趣味のお酒をもっと楽しみたい人にもおすすめだ。

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎セレクトアドバイザーは、日本インストラクター技術協会が認定している資格である。この資格を取得すると、焼酎の特徴・製造方法・選び方と飲み方などの知識を持ち、知識をもとに人にアドバイスできる能力があると認められたことになる。資格取得のためには、協会が行っている焼酎セレクトアドバイザーの試験に挑戦し、70%以上の得点をとらなければならない。試験内容は、
・食べる料理に合わせた焼酎の選び方
・焼酎の原材料と味について
・焼酎の種類ごとに適した飲み方の提案方法
・焼酎でのおもてなし方法や良い雰囲気の作り方
・焼酎を使った酎ハイの作り方
などである。資格取得後は日常の晩酌をより楽しむことができるようになる。また、飲食関係の仕事でも役に立つ資格である。

3位 焼酎唎酒師

焼酎唎酒師は日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が認定している資格である。この資格を取得すると、焼酎の知識だけでなく、全ての食料・飲料の知識が身に着く。また、焼酎のテイスティング能力の向上、料理と合う焼酎を選ぶ力の向上、焼酎販売における問題点の発見と提案力の向上、楽しみ方をはじめとしたセルフプロモーションスキルの向上が見込める。自分の趣味の幅を広げるだけでなく、飲食業界、宿泊業、旅行業界などでも活躍できるおすすめの資格だ。資格取得の方法としては、通信コースと受験コースの二通りがある。受験コースは、その名の通り講座受講後の筆記試験とテイスティングの試験に合格すれば資格が取れる。対して、通信コースは試験がなく、添削課題を提出することで資格が取得できる。自分に合った方法を選び、挑戦してみてほしい。

4位 焼酎検定

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が提供しているもので、焼酎の魅力を多くの人に知ってもらい、焼酎をもっと楽しめるようになる目的で行われている検定だ。検定の合格者には認定カードと認定証が発行される。初級の検定はインターネット上で無料受講できる。それより上の3級、2級、準1級、1級受験は20歳以上に限られ、一番下の3級の資格から順番に取っていく必要がある。試験では焼酎の歴史と文化、焼酎の原料と製造方法、モラル、マナー、雑学、楽しみ方などが出題されている。検定の参考資料として協会公式テキストが販売されているので、試験対策は行いやすい。自分の実力を試すにはもってこいの資格である。

5位 焼酎きき酒師

これは、学校法人産業能率大学総合研究所が行っている通信講座を受講後に試験を受けて取得できる焼酎の資格だ。焼酎の知識に加えて、もてなし方、日本の料理・歴史・文化・気候、季節ごとのお酒の楽しみ方なども学べることが特徴である。趣味の幅を広げる目的でも、お酒を扱う仕事でも役立つ便利な資格なので、挑戦して損はないはずだ。
焼酎資格  焼酎資格

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP