焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

ホームパーティーや飲み会の席で、楽しまれる「焼酎」。

あなたは、どんな「焼酎」がすきですか?

芋、米、麦、蕎麦、胡麻、シソ・栗・・・サトウキビの焼酎なんかもありますよね。さらにいろいろな飲み方を選ぶと、本当に幅広い楽しみ方ができるのが焼酎。焼酎専門のバーや、焼酎の種類の多さをセールスポイントとする飲み屋さんが増えるのもうなずけます。

さらに!お酒にかかせないのが、酒の肴。

ワインも赤には肉、白には魚と言われますが、焼酎もそれぞれの特徴や風味にあわせて、お料理を合わせることができます。逆に、お料理に焼酎を合わせることももちろんできます。

シチュエーションにあわせて、いろいろな魅力が引き出せる「焼酎」。

もしすでにあなたが十分に「焼酎」の魅力を知っているならば、ぜひ【焼酎セレクトアドバイザー】の資格を取得することをオススメします。飲食店をご自身で経営されいる方や、お勤めされている方にも注目していただきたい資格です。

【焼酎セレクトアドバイザー】とは?

この資格は、「焼酎の特徴や製法などに関する知識だけでなく、選定方法、飲み方、グラスの選び方、焼酎に合わせた料理の選び方など様々な知識を有し、かつアドバイスできる知識を習得した方」に認定されます。

奥が深い焼酎。お酒の席でウンチクを語りだす人もいますよね。でも、好きに語っているにしかすぎません。しかし、この資格を所有することで、ウンチクが「証明された専門的知識」となり、周りから一目置かれる存在になることも可能ですよ。

さらに、この資格で注目したいのが「焼酎セレクト」という点です。

料理と合わせて楽しむ焼酎の選び方や、原材料や味によって合わせる飲み方の提案でき、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気の作り方、焼酎を使ったオリジナルの酎ハイなどを作る知識ももっていることを証明されるのです。焼酎そのものだけでなく、胃袋も見た目も満足させることができる知識やセンスが必要になってくるということです。

この資格をもっていることで、幅広い活躍ができそうですよね。

【焼酎セレクトアドバイザー】の受験方法

日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格になります。

受験資格が問われないため、

・焼酎が好き

・すでにいろいろな知識を持ってると自負している。

・飲食店の経営に役に立てたい

など、いろいろな理由で多くの方が、この資格に挑戦しています。

受験方法は、インターネットを活用したシステムが確立されているため、在宅受験が可能。忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすいのも嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。

【日本インストラクター協会(JIA)】とは?

この協会は、「教える力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であること」を合否の1つとしています。さらに、「各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度」を提供しているため、この協会で資格を取得後は、各スキルを利用する企業、現場において、すぐに実践にうつし、活躍することができます。

今回ご紹介した【焼酎セレクトアドバイザー】以外に、発酵食健康アドバイザーや「健康つぼ押しインストラクター」、人気が高まりつつある「マクロビフード健康アドバイザー」など、多岐にわたって資格承認を行っています。それだけ、いろいろな情報を収集・発信できる協会でもあります。

最後に

日本全国多くの「焼酎」があります。そして、品評会や鑑評会、飲み比べ・・・など数えだしたらきりがないほどの、焼酎に関するイベントが行われています。その種類や飲みやすさから「焼酎」には多くのファンがいます。しかし、その多くの人たちは趣味でしかありません。趣味の粋から一歩踏み出し、この【焼酎セレクトアドバイザー】を取得し、日々の生活を豊かにしたり、お仕事の役に立ててみてはいかがでしょうか?

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP