漢方薬膳

漢方薬膳資格人気ランキング

女性に多い冷え性やむくみ、肩こりなどに漢方や薬膳で対処する方法が人気があります。化学療法ではなく、体の中から体質改善していくことで体への負担や影響も少なくなります。漢方や薬膳に関する資格は様々です。
ランキング形式でご紹介します。

1位 薬膳調整師

薬膳の基礎知識を一定以上身に付けていることが資格取得の条件です。漢方的な視点から見た各種食材の効能について学ぶことができます。食療としての薬膳や食材の性質について専門的な知識を身につけることで、個々にあった薬膳を調整できるようになります。
在宅受験で資格がとれることが人気の理由の一つです。

2位 漢方コーディネーター

漢方の知識を専門的に身につけているプロとして活動できるのが漢方コーディネーターです。一人一人の症状や体質に合った漢方を作ることができます。
疲れやすい、食欲減退、冷えなどに対して適切なアドバイスができ、自身の健康維持への意欲も高まることが人気の理由です。

3位 国際薬膳師

中国薬膳研究会 日本教育機構が認定する資格です。試験は記述式テストが8科目あり、専門的で幅広い知識が必要です。飲食や医療、福祉と関連づけて薬膳を取りいれることで仕事の幅が広がるため、資格に挑戦する人が多いようです。仕事に生かせる資格という点が人気の理由です。

4位 薬膳マイスター

一般社団法人日本薬膳食育学会が主催する資格です。薬膳を普段の生活に取り入れるのは難しいイメージがあるかもしれません。しかし、薬膳について深く知ると、家庭にも取り入れやすいレシピなどが分かるようになります。
毎日の食生活に直結して役立つことが人気の理由です。

5位 薬膳アドバイザー

薬膳アドバイザーは薬膳の基礎理論や簡単な陰陽五行、食物の性質や気などについて学ぶことができます。
一日で講座を受けて、資格試験も受験できることが人気の理由です。

6位 薬膳コーディネーター

本草薬膳学院が主催している資格です。薬膳を日本人の味覚や体質にあうようにアレンジした「和漢膳」を身につけることができる唯一の資格です。
通信教育で認定資格であることから誰でも挑戦しやすいという理由で人気があります。

7位 日本薬膳師

中国4000年の臨床経験に裏付けされた中国医学を学ぶことができます。現代の日本人が直面している肩こりや心身のストレス、心労、大気汚染などの問題は中国医学をそのまま当てはめても中なか解決できません。
中国医学をアレンジさせて薬膳によるメニュー開発や商品開発などを行うのが日本薬膳師の仕事です。資格取得後は食事指導や薬膳教室の開講など仕事として薬膳を生かせることが人気の理由です。

8位 薬膳インストラクター

中国伝統医学の料理法である薬膳の基礎知識を学び、実践に生かすことができるのが薬膳インストラクターです。薬膳の歴史や中医学の基礎知識だけでなく、病理や食材の効能についても学ぶことができます。
通信講座で受講し、在宅で試験を受けられることが人気の理由です。

9位 国際薬膳調理師

中医薬学会が認定する資格です。中国語が分からなくても日本で受けることができ、国内でも認められている資格です。薬膳料理や薬膳自体を仕事に結びつけられる、いわば薬膳のエキスパートです。
調理師や看護師、介護士の人が+αの資格として取得することが多い傾向にあります。

10位 国際中医師

世界中医薬学会連合会が認定する資格です。中医学を学ぶ外国人が取得できる世界共通の資格です。医療関係はもちろん、飲食や福祉、美容関係の仕事にも生かせることが人気の理由です。

まとめ

漢方や薬膳に関する資格はいかがでしたか。中国政府が公認している資格も世界中で受けられるというのが魅力の一つでもありますね。実生活に毎日取り入れることができる薬膳について深く学んでみてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP