温泉資格

温泉観光資格人気ランキング

冬本番の今のシーズン、また日本では春夏秋冬の各季節で温泉は心身ともに癒させる観光地ですよね。ただいざ温泉に行こうと思っても、至る所にあるため、どこに行ったらいいのか迷ってしまいますね。昔からある伝統格式のある温泉は結構電車では行きづらかったり、子供が一緒だと騒いだら迷惑になると周りに気を使ってしまいリラックスできないかったりする人もいるでしょう。
そんな時、温泉観光地に詳しくて、家族連れなら何処が良いとか、電車で行きやすい温泉観光地は何処だとか知っていればもっと選択の範囲も広がり、より楽しい休日のリラックスタイムを満喫できることでしょう。
今回紹介するランキングは、そんな温泉観光地に詳しくなるための資格として数多く出ている中から今人気の資格をピックアップしています。詳しくなりたい人、ちょっと老後にゆっくり全国の温泉観光地を巡りたい人は、こんな資格をとってより楽しい温泉旅行をしてみてはいかがでしょうか。

1位『温泉観光アドバイザー』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本生活環境支援協会が主催している資格です。この資格は全国の温泉に関する知識を有していることを認定している資格です。例えば、各温泉地の特徴や効能、歴史などの観光に関する知識と幅広く理解していることが求められます。
この資格を取得することで温泉観光地に関して他の人にアドバイスができるようになり、観光ガイドをしている人の中にはスキルアップのために取得する人もいます。また独自でカルチャースクールなどで講師として温泉地に関する知識を人に教えることもできるようになります。

2位『サナトリウム健康アドバイザー』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
この資格は日本インストラクター協会が主催している資格です。サナトリウムとは高原や海岸、林間などに設けて、心身を療養する場所のことを言いますが、この資格に関しては温泉地における健康アドバイザーの資格です。
温泉の泉質や種類、入力方法に関して健康的な方法を理解していることが要求されます。具体的には、温泉によく貼ってあります温泉分析表の見方や温泉に関する専門用語の意味が理解できることを証明します。

3位『温泉ソムリエ』

<セミナー受講・費用23,760円・期間1日~>
温泉ソムリエ協会が主催している資格です。1日から手軽に認定証がもらえる資格として人気です。テレビで温泉のレポートをしているタレントは、だいたいこの資格を取得しています。普通のビジネスマンやOLの方もちょっとした休日に温泉に行って羽を伸ばしたいと思っていれば温泉観光地について詳しくなることでその質をあげてリラックスできるよう、資格を取得してみてはいかがでしょうか。

4位『温泉観光士』

<専用講義あり・費用10,000円・期間3日間>
日本温泉地域学会が主催している認定資格です。毎年様々な温泉地で3日間かけて講習が開かれて、温泉地での講習会を受講され最後に試験を受けることによって資格が認定されます。
資格を取得することで、温泉の本質やその地域の発展や活性化の取り組みについても学ぶことができ、次に温泉観光地に行こうとするときの判断材料として大きな製菓、収穫が期待できます。もちろん温泉地での講習なので、温泉に実際に入って実感する学びを多くありますよ。

5位『温泉保養士』

<講習会要参加・費用38,500円・期間3日間>
日本温泉保養士協会が主催している認定資格です。年に一度神奈川県の「かながわ労働ブラザ」にて講習会が行なわれます。この講習を受けることで温泉の本質が理解でき、健康・美容への活かし方、温泉における他の相乗効果、温泉地別の効用を学ぶことができます。
講習を受けることで、温泉についての基本を学ぶことができるので、温泉雑誌を見ていて、今まで流し読みしていたようなデータの意味をしっかり捉えることができるようになり、旅行などで温泉地を選択するときの感度が非常に高くなります。
温泉観光  温泉観光

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP