温泉資格

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

日本人であれば温泉が嫌いという人は滅多にいないはず。
温泉は日本人にとって身近なリフレッシュ方法の一つでもあります。
温泉に入るのは好きだけれども、「肌にいい」「病気が治る」など効果については聞いたことはあるのに、具体的にどのような成分が健康効果をもたらすのか気になったことはありませんか?
今回はそんな温泉についての知識を試される「温泉観光アドバイザー認定試験」についてご紹介したいと思います。

温泉観光アドバイザー認定試験とは?

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。温泉にまつわる様々な知識について問われます。具体的には、各温泉によって異なる泉質・泉温・効能・特徴を理解したうえで、さらに温泉にまつわる歴史など、観光についての知識についても問われます。この知識が一定以上と認定された方に与えられる資格です。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

温泉の定義とは?また、泉質・泉温・効能・特徴とは?

いまいちピンとこないのが温泉の泉質・泉温・効能・特徴とは何かということです。
温泉は温泉法により地下からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)「①25℃以上であること」または「②19項目の化学物質のうち1つ以上、基準値を満たしていること」のどちらかをクリアしていれば温泉とみなされます。
さらに、化学物質が基準値以上であれば温泉であるので、水蒸気やガスも成分によっては温泉に分類されます。これについてはご存じない方が多いのではないでしょうか?温度が25℃以下でも化学物質の条件さえ満たしていれば温泉と呼ばれるなんて驚きですよね。一般的にはお風呂のように湯船に浸かれるものだけが温泉というイメージがあると思います。
さらに、試験で出題されるカテゴリーについては以下の通りです。

「泉質」とは温泉に含まれる化学物質のことです。

「泉温」とは温泉の温度のことを指します。

「効能」とは化学物質によって効果が期待される健康効果のことです。

「特徴」とは化学成分や、温度、液性(pH)、色、匂い、味、肌触りなどのことを指します。
それほど複雑なことを暗記しなければいけないわけではないので、初心者の方でも勉強すれば比較的簡単に合格できるでしょう。

温泉観光アドバイザー認定試験の口コミ評判

日本生活環境支援協会の認定資格試験は特定のスキルが一定の水準に達していることを証明するものです。優れた知識と技能を有することをアピールできるものですので、就職試験などで役に立ちます。企業側からしてもスキルを持っている人を必要としているので、資格を持っていること=即戦力として期待できると判断される傾向にあります。また、資格取得後は講師やインストラクターとしても活躍できる資格を取り揃えているので、独立を目指している方にもオススメです。
温泉観光アドバイザー認定試験は温泉の知識についてだけではなく、歴史的なことや観光についての知識についても問われますので、旅行会社や温泉旅館などの就職に有利な資格です。
もちろん、仕事に結びつけなくても趣味として温泉を楽しむのもよいでしょう。自分で温泉ツアーを企画して家族やお友達と旅行に出かけるのも楽しそうですね。
いかがでしたか?
温泉についての知識があると自分の目的に合った選び方ができるので無駄がないですよね。自分だけではなく、周りの方に的確なアドバイスを続けるうちに重宝されて仕事として活かせる時が来るかもしれません。趣味と実益を兼ねるなんてこれほどいいことはありませんね。興味をお持ちの方は試しに受験してみてはいかがでしょうか?
日本生活環境支援協会の温泉観光アドバイザー認定試験詳細についてはこちらから↓
https://www.nihonsupport.org/shiken/onsen/
温泉観光  温泉観光

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP