洋食

洋食資格人気ランキング

洋食とは、西洋から入ってきた料理が日本でアレンジされた料理の事を示し、今では和食と並んで私たちの生活に欠かせない食事になっている。そんな洋食に関しても、多くの民間資格がある。料理を一から学びたい人に、料理好きな人のスキルアップに、また仕事で料理をする人たちにオススメな洋食の民間資格を、これから発表していこうと思う。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートは日本安全食料料理協会が認定している資格であり、日本における洋食の歴史、道具、調味料、食事マナー、多くのレシピを習得している人に贈られるものだ。飲食業界では特に注目度が高い資格で、就職に有利に働くことも多い。この資格を取ると、包丁、鍋、フライパンなどの正しい使い方ができるようになる。また下準備の仕方と焼く・煮込む・揚げる等の調理方法をマスターし、洋食の調理で活かせる能力を身に着けることができる。受験制限は特になく、在宅試験で70%以上の得点を取ると合格である。資格取得後は、主に飲食業界の仕事に役立てることができる。また、自分でおいしい料理を作って食べたい人、洋食に興味がある人にもおすすめの資格だ。

2位 健康西洋料理インストラクター

日本インストラクター技術協会というところが認定している資格のひとつである。試験では、洋食を作るときの食材の知識(肉、野菜、魚、バター、小麦粉、チーズなど)と、ソースの作り方と調理の注意点、それぞれの食材に合う調理法が理解できているかが重要になる。また、洋食のマナーを十分に理解し、他人に指導することができるかどうかも問われる。受験制限はなく、試験で70%以上の得点を取ると合格だ。資格取得後は健康西洋料理インストラクターとして、カルチャースクールの講師になることができる。また、飲食店や食品業界では、昇進に関係するところもあるくらい注目度が高く、人気の資格である。当然自炊をしている人も、知識を活かして美味しい洋食が食べられるようになるし、友人や家族にふるまうことも可能だ。趣味の幅を広げる観点からいっても、取って損はない資格ではないだろうか。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

これは、日本ホテル・レストランサービス技能協会が認定している資格で、西洋料理の正しいテーブルマナーを広く普及させるという目的で実施されているものだ。趣味の幅を広げる資格というよりは、仕事で必要になった時に受験するような資格といえる。
試験を受ける上での受験資格は、
1、日本ホテル・レストランサービス技能協会の個人会員であること
2、専用セミナーを受講していること
3、満28歳に達していること
4、A:飲料サービス業で7年以上の経験があり、勤務する企業の推薦がある人、B:現在マナー講師の仕事をしている人、C:大学や専門学校のホテル学科の講師経験が一年以上ある人、D:過去にテーブルマナー講師の経験がある人、のいずれか
5、レストランサービス技能士1級取得者で1~3の条件を満たしている人
と、細かく制限されているため、受講の際は注意してほしい。資格取得後は、テーブルマナー講師や食事作法の講師として働くことができる。

4位 フードスタイリスト

フードスタイリストは、日本フードライセンス国際協会が認定しているもので、日本で唯一の商標登録がされた唯一の資格であり、食品全般の知識と食品撮影において料理や食材をおいしそうに演出できる技術を持つ人に与えられるものだ。我々がレストランで目にするメニューや、カタログの写真撮影の演出などに、フードスタイリストは欠かせない存在なのである。資格取得後に、撮影スタジオ、デザイン会社、広告会社などに就職して食品撮影に携わっている人が多くいることが特徴である。また、専門学校の講師や、飲食業界に就職することも可能で、幅広い活躍の場が見込めることも魅力の一つといえる。フードスタイリストの資格は、下位から3級・2級・1級の三段階に分かれている。上位資格に挑戦するためには、日本フードライセンス国際協会の会員になる事と、下位の試験に合格することが必要だ。地道に、まずは3級から挑戦してみよう。
洋食資格  洋食資格

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. カラー
  7. ハーブ
  8. ソムリエ協会
  9. cad
PAGE TOP