有機美容発酵食品マイスター口コミ評判

「発酵食品」というと何を思い出しますか?

日本だけを考えても、納豆、みそ、醤油・・・日本酒など、私たちの食生活と切ってもきりはなせないものが、すぐに思い付きますよね。さらに世界に目を向けてみると、ヨーグルト、キムチ、チーズ、さらにはタイのナンプラーなんかも、発酵食品ですよね。というように、本当に多くの発酵食品が、太古の昔から長い歴史の中、受け継がれてきているのです。

ここ近年、世界的にもこの「発酵食品」が注目されてきています。その理由は、「美容」と「健康」。発酵によって食材の分解が進み、ほかの食品と比べて栄養を吸収しやすい状態であるため、即効性のある栄養補給と効果をもたらせやすいと言われています。さらに発酵食品に含まれる酵素や乳酸菌が腸内環境を整え、

1.免疫力のアップ

2.アンチエイジング

3.デトックス

に効果的だとされています。

さらに、食べることからだけでなく、例えば日本酒作りの副産物である酒粕からから化粧品を作るなどの研究がどんどんと進んでいます。今、注目される「発酵食品」。このパイオニア的存在になるために、ぜひ【有機美容発酵食品マイスター】の資格を取得してみてはいかがでしょうか?

【有機美容発酵食品マイスター】とは?

この資格をもっていれば「発酵食品に関する幅広い知識を有していることが証明され、発酵と腐敗の違いや主な発酵食品とその違い、麹や菌の働き、発酵食品みりん、酢、味噌、鰹節、チーズ、ヨーグルト、酒粕、キムチ、甘酒などに関する知識、発酵過程の微生物の働きや有機物の美容・健康効果、身近な意外な発酵食品など、発行食品に関わる様々な分野に関して、深い理解と理解を有していること」が証明されます。

大手企業でも、製品にLG21菌、LC1菌、IGF-1などといった「プロバイオティクス」を全面に押して「発酵食品」を宣伝している会社もあります。さらに、美容関係からも注目を浴びている「発酵食品」。この資格を取ることによって、日々の食生活が豊かになるだけでなく、あなたの活躍の場が広がるチャンスになるかもしれませんよ。

【有機美容発酵食品マイスター】の受験方法

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する資格になります。

受験方法は、インターネットを活用したシステムが確立されているため、在宅受験も可能。忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすいのも嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。受験資格も問われません。合格基準として70%以上の評価が必要と表記されています。合格に向け勉強をし、確実に合格を手にする準備しておきたいですね。

【日本安全食料料理協会(JSFCA)】とは?

この協会は、「食に関わるすべてのひとへ」とし、【有機美容発酵食品マイスター】の資格以外に、「ハーブライフインストラクター」や「漢方コーディネーター」、「スパイス香辛料アドバイザー」などの資格認定も行っています。そのため、多くの情報を把握・理解している協会となります。

「食品・料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定すると同時に、各スキルを有する食育者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら食習慣の向上に資すること、また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて各スキルの食育の社会的地位の確立を図ることを目的」としています。社会に出て活躍をのぞんでいる方には、ぴったりの条件を満たした協会といえるのではないでしょうか。

最後に

「美容」というとどうしても女性を先に考えてしまいがちですが、男性にも人気がたかまりつつあります。味噌からの得られる育毛効果や、お酢から得られるメタボ予防。二日酔いには甘酒が効果的というのは、まだあまり知られていないんではないでしょうか?男女共に、世界中から注目があつまる「有機美容発酵食品」。このマイスターになるために、ぜひこの機会に挑戦してみてください。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP