お茶

日本茶・お茶資格人気ランキング

日本茶は、日本人に古くから愛されてきた飲み物の代表的なものですが、一時期はコーラなどの炭酸飲料や清涼飲料水の人気で陰りも見えましたが、ここ数年でまた一気に人気が高まってきましたね。多くはペットボトルでの日本茶の種類が爆発的に増えたことがありますが、インバウンドつまり訪日外国人が増えたことで日本の文化を見直す動きがより高まってきたことによって日本本来のイイ物が注目を集めてきたのかもしれませんね。
昔は花嫁修業の一環として、花やお茶の作法を学ぶということもあったようですが、今や茶道を学ぶ人はほんのひと握りです。しかしそんなちゃんとした敷居の高いことをしなくてもお茶を学ぶことができるのです。今の時代は通信教育などでお茶を学び、資格として得ることで自信を持って「お茶出来ます!!」と言えるようになりますね。
そこで今回は、そんな日本茶に関してより知識を深められる資格をご紹介します。資格を取ることでただ日本茶が好きっていうのではない、日本茶を自信を持って語れるようになり、人に教えられるようにまでなる資格もあります。

1位『日本茶セレクター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本安全食料料理協会が主催している資格です。この資格は日本茶に関する一定水準以上の知識を有していることを証明する資格として有名な資格です。例えば新茶の種類やその違い、日本茶の製法や値段の相場、良質なお茶の見分け方のコツ、淹れ方などの基本的な知識を持っていることを証明してくれます。日本茶販売のお仕事をしている人や、日本茶に詳しくなりたい人に人気の資格です。資格を取得することでカルチャースクールなどでの講師としても活躍できます。

2位『緑茶インストラクター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本インストラクター技術協会が主催している認定資格です。この資格は、緑茶の淹れ方を茶葉別に理解したり、茶器の使い分け、緑茶の歴史と緑茶について様々な知識を一定水準以上持った人を認定する資格です。この資格を取得することで、緑茶インストラクターとしてカルチャースクールなどで講師として教える活動ができるようになります。

3位『日本茶アドバイザー』

NPO法人日本茶インストラクター協会が主催している認定資格です。
この資格と取得することでお茶を購入する人に対して、日本茶に関する助言を行ったり、インストラクターのアシスタントとしての適格性を備えた初級指導者ができるようになります。
この資格を取得する方法としては、3種類のコースがあります。通学・受験・通信講座です。
通学は、期間2~5ヶ月間・費用64,800円~71,800円
受験(本協会推奨)は、日本茶アドバイザー通信講座を受講後、日本茶アドバイザー認定試験を受験する方法で、(期間4ヶ月・費用27,000円)+(期間1日・費用10,800円)です。
通信講座は、ワンランク上の技術を身に付けたい方必見、日本茶インストラクター通信講座を受講後、申請により日本茶アドバイザー資格を取得する方法です。期間6ヶ月・費用71,280円

4位『日本茶インストラクター』

<通信教育+受験・受験のみの期間2日・受験のみの費用21,600円>通信教育は上記3位の通信講座と同じ
日本茶インストラクターは、3位の緑茶アドバイザーの上級資格にあたる、NPO法人日本茶インストラクター協会が主催している認定資格です。
日本茶に関して人に教えるインストラクターのレベルまで極めたい人におすすめの資格です。
3位の通信講座を受けた後、認定試験に合格する必要があります。

5位『日本茶スペシャリスト』

<認定機構の行う講義受講後、在宅での受験>
<講義・期間1ヶ月・費用29,000円>
日本能力教育促進協会(JAFA)が主催している認定資格です。資格を取得することで日本茶関係の飲食店で日本茶スペシャリストとして活躍できるほか、講習などで講師として人に教えることもできるようになります。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP