お茶

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶を飲むとほっとしますよね。
それもそのはず、日本茶にはテアニンというアミノ酸の一種が入っており、これがリラックス効果を引き起こすからです。テアニンは同時に旨味を感じさせる物質でもあります。
日本茶とは言っても様々な種類があり、わたしたちが普段口にしている煎茶・玉露、ほうじ茶、玄米茶などといったメジャーなものから、玉緑茶、深蒸し煎茶、かぶせ茶などあまり馴染みがないものまで多岐に渡ります。
今回はそんな種類豊富な日本茶について正しい知識を身につけた上でシーンに応じた選び方ができる「日本茶セレクター」についてご紹介したいと思います。

日本茶セレクター認定試験とは?

日本安全食料料理協会が行っている認定制度です。
出題範囲はお茶についての全般的な知識を問うものであり、日本茶の歴史、茶葉の知識、栽培・収穫方法、茶摘みの時期と一番茶(新茶)二番茶などの知識、日本茶の製法、値段の相場、良質なお茶の見分け方、日本茶の淹れ方の基本と注意点、最適な水質と蒸らす時間などについて出題されます。まさにこれらの知識を完璧に身につけていれば日本茶のプロも同然です。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

日本茶の美味しい淹れ方

日本茶を煎れる前に熱湯を淹れて茶器を温めておくのは大事なことです。こうすることによりお茶が冷めにくく、最後まで美味しく味わうことができるためです。紅茶や中国茶も(方法は違いますが)同じことが言えます。
また、茶葉は熱湯で蒸らすのではなく、少し冷めたくらいの60℃〜90℃くらいのお湯で蒸らすと一番美味しいお茶ができます。
煎茶は75~85℃くらいのお湯で、玉露は60℃のお湯で、といったように、適切な温度は茶葉によって異なります。
また、回し注ぎについてもご存知でしょうか。湯のみが複数ある場合、順番に少しずつ注ぐ方法なのですが、折り返し地点に来たときに今度は逆方向に注いでいきます。こうすることで湯のみによって味にばらつきがなく均一にすることができます。

日本茶セレクター認定試験の口コミ

日本安全食料料理協会は私たちが普段口にしている食についての様々な資格を取り揃えています。知識や技術が一定以上あることを証明するので、就職活動において企業が判断基準の一つとして役立てることができます。また、食品・飲料に関してのエキスパートであることを証明するものでもあるので、食品関係で独立して仕事をしたい方にも人気です。
日本茶セレクター認定試験を持っていると、例えば茶屋などの就職に役立ちます。また、日本茶について正しい淹れ方を知っている人は少しずつ減っており、見よう見まねで行うことによって独自の淹れ方のルールが出来上がってしまい、美味しい淹れ方は実は知らないという人が大多数です。新卒で会社に入って、お客さまが来社してお茶を振る舞う際になって慌てるという若者も多いと思います。
正しい知識を身につけておくと、後々必要に駆られたときに慌てず対処することができます。お茶は誰でも淹れられて当たり前という意識も少なからずあるため、日本人として恥ずかしくないように身につけておきたいところですよね。
いかがでしたか?日本茶は少し気をつけて煎れるだけで何倍も美味しく味わうことができます。お茶によって適切な淹れ方をしていると周りから一目置かれることでしょう。興味を持たれた方はぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか。実際にお茶を飲みつつ勉強をしてみてもいいかもしれませんね。
以上、日本茶セレクター認定試験のご紹介でした。
日本安全食料料理協会の日本茶セレクター認定試験詳細はこちらから↓
https://www.asc-jp.com/test/nihoncha/
日本茶・お茶  日本茶・お茶

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP