幼児食資格

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

これからママになる方や、新生児がいるママが一番気になるのは子どもが口にするものではないでしょうか。
栄養のある食事を与えることによって健康にすくすく育って欲しいと思うのは親であればごく自然な思いです。でも、子どもは自分の思った通りにならないもので、好き嫌いがあってごはんを食べてくれなかったりむずかったりしますよね。
そんなときは子どもが食べやすい献立に沿って作った方が随分効果があります。今回は幼児食について学ぶことができる資格、「幼児食マイスター認定試験」についてご紹介したいと思います。

幼児食マイスター認定試験とは?

日本安全食料料理協会が行っている認定制度です。
出題内容は、栄養バランスのよい献立を作ることができる知識や離乳食から幼児食へ変えるタイミング、幼児食に向いている食材、向いていない食材などの知識、また脳や神経細胞、骨や筋肉などを成長させる食材の知識などについて問われます。幼児期に誰もが経験するつかみ食べや遊び食べへのしつけ方、また、幼児期に起こりやすい蕁麻疹や赤みなどといったアレルギー反応について理解があるかどうか、またその対処方法についても出題があります。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

幼児期に適した食事とは?

およそ1年間の離乳食が終わると、今度は幼児食に切り替える時期です(個人差はあります)。この時期は徐々に私たち大人が普段口にしているような食事への下地となる大事な時期でもあります。
しかし、それまで離乳食だったものがだんだん固形の食べ物になってくるわけですから、最初は子どもも戸惑うことがあるでしょう。子どもは大人に比べて消化器官がまだ発達しておらず、咀嚼が得意ではないので、消化に良い食材選びや口に入りやすく材料を小さく切る・よく火が通ったものを出すなどの様々な工夫が必要です。
それと同時に、食事は楽しいものだという食育も非常に大事です。食べることは一生を通して人間の生活に関わってくるものだからです。それだけに、カラフルな見栄えやキャラクターの絵があるお皿などを用いることで子どもに食事が楽しいという印象を与えることは重要になってきます。

幼児食マイスター認定試験の口コミ

日本安全食料料理協会は私たちが普段口にしている食についての様々な資格を取り揃えています。知識や技術が一定以上あることを証明するので、就職活動において企業が判断基準の一つとして役立てることができます。また、食品・飲料に関してのエキスパートであることを証明するものでもあるので、食品関係で独立して仕事をしたい方にも人気です。
幼児食マイスターは資格取得後に講師やプロとしても活躍できますので、自身の経験をもとにして独立するのも良いかもしれません。資格を持っていれば持っていない人に比べて信用度が違いますので、その方面で活動したい方にはオススメの資格です。
また、ママになりたてで子どもの食事をどうしていいかわからない…という方にもオススメしたい資格です。これさえ勉強しておけば、子どもへの理解と対応がわかりますので、慌てたり落ち込んだりすることが少なくなると思います。
いかがでしたか?ママになるとわからないことだらけで大変ですよね。そんなときこそ、子どもに対しての理解をすることから始めましょう。きっと身につけた知識が役に立つと思いますよ。
以上、幼児食マイスター認定試験のご紹介でした。
日本安全食料料理協会の幼児食マイスター認定試験詳細についてはこちらから↓
https://www.asc-jp.com/test/youjisyoku/
幼児食  幼児食

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP