ソムリエ協会

幅広く活躍できる「ワインコンシェルジュ」 口コミ評判

「ワインコンシェルジュ」はワインの知識について全般的に習得したプロ資格で、日本安全食料料理協会(JSFCA)が試験の申請を受け付け、合格者に対して認定を行っています。

「ワインコンシェルジュ」の特徴は、レストランやホテルでの就業以外に、百貨店やショッピングセンターなど、ワインを販売するコーナーでも働けることから就業の可能性を広く確保できることです。

もちろん、趣味以外にもワイン好きの方が取得するケースも多々あり、人気の資格として口コミ評判を集めていますよ。

 

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判 — ワインの原料、ブドウについても熟知

「ワイン」と言えば、話題になるのは産地やそれぞれがもつ深い味わいでしょう。何年もののワインかによって、レジェンドをもつワインがあるほどですね。

ワインの原料は「ブドウ」ですが、ブドウ自体にも種類が多数あることはみなさんご存知ですね。

ですが、ブドウをどう熟成させるか、どの種類を使用するかでワインの完成度が違ってきます。

「ワインコンシェルジュ」認定試験では、ワイン自体の種類も重要ですが材料のブドウについてや、その原産地にも精通していることが求められます。

 

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判 —  料理との組み合わせのほかに

「ワイン」は、魚料理や肉料理に合わせて素材の味を引き立てる銘柄を選びますね。そのほか食前酒として、乾杯時に使われるシャンパンなど、数種類を場面にわけて使ったり、料理との組み合わせも重視され奥深い世界観をもっています。

また「ワイン」は調味にも使われ、フランベで豪華な演出を見せたり、デザートにも使われますよね。

こうして見ていくと改めて、活躍の場が非常に多いと感じられます。

 

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判 — 「ワイン好き」から「プロ」へ

「ワイン」が好きで、ワインをこよなく愛している方は多いと思います。

テイスティングして銘柄を当てるのが好きな方もいらっしゃいますよね。

「ワインコンシェルジュ」になると、味や種類、メニューとの相性を超え、サーブの仕方や「ワイン法」についても知識が必要になり、おもてなしのプロとしての腕が問われます。

「ワイン法」とはワインを取り扱う上で非常に重要な取り決めのことで、国によっても異なりますが、ブドウを生産している地域や栽培法、品種に至っては使用できるものが限られています。

またワインは酒類なので、その醸造法や熟成させるにあたっても条件があり、アルコール度数や試飲検査に関する取り決めなど、すべてが「ワイン法」として取りまとめられているのです。

 

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判 — 女性も活躍できる「ワイン」の世界

奥深い「ワイン」の世界を見てみると、ワインの魅力に魅せられる方がなぜ多いのか分かってくる気がしませんか?

お酒が好きなら、女性も活躍できる業界で、料理が得意な方ならワインを使ったレシピを提案していくのも楽しいですよね。

さらに資格を取得すれば「○○が得意」と言うよりも、「ワインコンシェルジュ」の試験に通りました、と言えた方が、どの水準にあるか他者から認めてもらいやすいという利点がもります。

日本安全食料料理協会(JSFCA)は「食」分野のエキスパートなので、詳細をホームページでチェックしてみませんか?
ワインソムリエ  ワインソムリエ

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP