onnashikaku

履歴書に書ける資格オススメ通信教育ランキング

履歴書に書ける資格としては、直接仕事に役立つものがベストです。企業は常に即戦力を求めるため、履歴書に記す資格により即戦力たり得ることを証明できれば、採用される率も一気に高まります。しかし、直接仕事に役立たなくても、履歴書になにも資格を書き込めないよりは、なんらかの資格を有することをアピールできた方が、はるかに有利となります。資格についての企業側のイメージはさまざまですが、履歴書に記すことで好印象を植え付けることのできる資格も、たしかに存在します。履歴書に書ける資格として人気が高い5つをランキングしてみましたので、紹介しましょう。

第1位 CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)

https://www.designlearn.co.jp/cad/
企業が技術者を雇う場合、真っ先に考えることは、即戦力になり得るかどうかです。そのための判断基準となるのが、資格と経験です。もちろん両方が備わっていれば鬼に金棒ですが、経験ばかりは年月をかけなければどうなるものでもありません。とりあえずは、資格の取得を目指しましょう。CADの技術者はどの業界でも人手不足のため、一定レベル以上の資格をもっていることを履歴書に書ければ、採用の確率は跳ね上がります。世界標準のCADであるAUTOCAD、あるいはJWCADを自由に使いこなせるレベルであることを証明できれば、就転職に困ることはないでしょう。本講座により建築技術者コースを卒業すれば、「CADデザインマスター」と「建築CADインストラクター」の資格をダブルで取得できます。

第2位 メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座

https://www.designlearn.co.jp/mental/
企業内のメンタルヘルスについては、国の政策として本格的な取り組みがはじまっています。ストレスチェックの義務化なども、そのひとつです。メンタルヘルスを維持するための対策は、企業にとっても急務となっています。それだけに、企業内での人間関係や、仕事上での悩みなど、ストレスをため込むことなく解決できる人材であることを証明できれば、採用率は高まります。「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と「メンタル心理インストラクター」のダブル資格を取得することを履歴書に記すことができれば、企業からの評価も自然と高くなります。

第3位 デッサンアート 基本コース/プラチナコース

https://www.saraschool.net/art/
直接仕事とは関係しなくても、デッサンアートの資格を有することを履歴書に書ければ、創造性の高い人材であることをアピールできます。創造性はあらゆる職場において重要視される能力のため、企業からの評価を高めることにつながります。本講座により、「絵画インストラクター」と「鉛筆デッサンマスター」の2つの資格を取得できます。この2つの資格により、創造性が高いこと、および余暇などを有意義に使える人材であることを、企業側は理解してくれることでしょう。

第4位 カラーセラピー 3資格取得講座

https://www.designlearn.co.jp/colorcoordinatoraft/
本講座により、「カラーセラピー」と「カラーアドバイザー」、そして「色彩インストラクター」の3つの資格を取得できます。色彩についての技能を有することを履歴書を通じてアピールすることで、好印象を与えることができるでしょう。色彩はさまざまな業界で重要な役割を果たしています。アパレルやファッション業界はもちろん、あらゆる製造業においても色彩の技能は不可欠です。色彩のプロであることが企業側に伝われば、多くの職場で役に立てるスキルがあると認められることでしょう。

第5位 POP広告 基本コース/プラチナコース

https://www.saraschool.net/pop/
POP広告のプロフェッショナルであることを企業側に伝えることができれば、就転職の際には、かなり有利になります。今日ではあらゆる業界において、ポスターやパンフレット・チラシを制作したり、新聞や雑誌などへの広告が利用されています。そうした媒体のデザイン力があることを認められると、多方面での活躍が期待できるため、企業としても採用したくなるものです。「POPデザイナー」と「POPライターインストラクター」の2つの資格を履歴書に書くことにより、就転職を有利に進めてください。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP