pop広告ライター

実は至るところで必要なPOPデザイナー口コミ評判

「POPデザイナー」と言ってもピンとこないかもしれませんが、実は毎日どこかで目にしているのが「POP」です。

スーパーやコンビニエンスストアで価格が記載されている用紙や、ショッピングセンターなどの求人に使われている、厚紙を使用したお知らせなども「POP」、すなわち「広告」です。

大掛かりなものもあり、自社ポスターを「POPデザイナー」が作成することもあります。

こうして見ていくと、POPが活躍している場面はたくさんあると分かってきますよね。

 

POPデザイナー認定試験口コミ評判 — 認知度の高い資格取得を

デザインができるというアピールなら、作品(ポートフォリオ)の提示でも済みますが、日本デザインプランナー協会(JDP)の認定試験はある一定のレベルを超えた方にしか資格を発行しないので、クライアントが人材を探す際も選抜の目安にしています。

「POPデザイナー」の資格も同様で、日本デザインプランナー協会(JDP)の「POPデザイナー」認定試験に合格していれば社会的にも認められやすい資格を取得できたということになりますね。

 

 POPデザイナー認定試験口コミ評判 — 活躍できる業種は多数、内容は?

「POPデザイナー」は小売業やメーカー、広告業界など幅広く応用できる資格であり、取得していると活躍の場が広がる資格です。

具体的には、「POPデザイナー」が作るのは広告なので、戦略をデザインに反映させる必要があり、見る側へのインパクトを考えて表現も明瞭にしていかなければなりません。

こうした効果や、広告の第一印象なども考慮して総合的に「POP」に反映させられるのが「POPデザイナー」です。

デザインにはすべて、「目的」があります。

時代はCS(顧客満足度)を重視するので、「お客様が求めるデザインであること」=「潜在的なニーズ」を取り入れられるスキルも、「POPデザイナー」に求められています。

 

POPデザイナー認定試験口コミ評判 —「POP」にはライティングも必要

広告に必要なのは色彩やドローイング(絵や塗り)だけではありません。

記載されている文字、コピーも重要ですよね。

「POP」の文字や文字を作製することを「レタリング」と呼びますが、「POPデザイナー」ではレタリングに必要な用具や、文字の切り取り方なども内容に含まれます。

またどのような「コピー」(宣伝用の言葉)を使えばいいか、指示されることもあれば自身に委ねられる場合もあり、「コピー」を考えられるに越したことはないのです。

デザイン自体にも目的がありますが、「コピー」は販促に使用されて、その言葉がお客様を的確に誘導する言葉であることも重要になってきます。

 

POPデザイナー認定試験口コミ評判 —  CGも手書きも使用する、充実の日本デザインプランナー協会(JDP)資格

デザインはIllustratorやPhotoshopを代表としたソフトによるものが主流ですが、「POPデザイナー」は手作業で行ったり、使用する場によっては専用の機器で「POP」デザインを行います。

日本デザインプランナー協会(JDP)の「POPデザイナー」資格は、バランスよくスキルを取得できる内容になっているので、CGだけでなく、手作業で行うカッティングなど幅広い内容を網羅するよう仕組みが整っていますよ。
POP広告  POP広告

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP