onnashikaku

女性への人気上昇中!「建築材料インストラクター」 口コミ評判

製造業や建築業界で、女性の活躍が注目されているのをご存知ですか?

もちろん男性と同じ仕事をこなすばかりではなく、女性に運べる分量の建築材料を計量するなど、業界自体に女性と共生するための動きが見られるようになりつつあります。

そうした流れも受け、「建築材料インストラクター」への口コミ評判が高まっています。

もともと建築業界の求人は日本で上位を競うため、かねてからCAD資格等の人気ぶりは止まらず、新たに、モチベーションが高く、建築に関する知識を高めたいと願う声を受けて「建築材料インストラクター」などの資格が関心を集めて評判になっていますよ。

 

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判 — 時代も映す「建築材料」

それではまず「建築材料」とは具体的に何なのでしょうか?

みなさんもよくご存知のコンクリートや鉄筋は、建物の中心になる構造部分に使用される著名な材料で、ほかにも木材を使うか石材を使うかは建築物の趣きや用途により異なります。

また外壁と内壁とその中身では、使用する壁材、内容物が異なりますね。

床材ひとつとっても木材から大理石、ゴム素材まで用途に準じて分岐します。

屋根材では日本では瓦屋根が有名ですが、現在は耐震面から考えて軽量の材料へとシフトしているのも事実です。このように用途によって異なる「建築材料」は、時代によっても選ばれ方が違ってきます。

 

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判 — 用途によって異なる性能維持材

「建築材料」のなかには、シール材や断熱材といった「性能維持材」があります。

断熱材などの材料は暑さを凌ぐために標準装備の建材のひとつですが、例えば音楽を演奏するために防音仕様の部屋を作りたいときは吸音材を使用し、水泳施設などでは防水用材を使用するなど、目的に応じた使い分けを行うことでほかとは違った施設を完成させることができます。

さらに、素材の組み合わせや仕上げを工夫することで、同じ木材の壁でも異なった完成度を創作できます。

例えば湿度の高い地域で、粘土質の素材を使用するといった工夫ができたり、好みで金属やアーティスティックな素材を用い壁面に個性を出す演出もありますね。

 

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判 — 職務以外でも話題に

「建築材料インストラクター」は日本インストラクター協会(JIA)が認定を担っている話題の試験です。

建築業界がメインになる「建築材料インストラクター」ですが、OJTの前に知識を学びたいと未経験で認定試験に挑戦される方も多く、口コミ評判を集めています。

また「DIY」や「日曜大工」が主流になりつつある昨今の時代性を受けて、「建築材料インストラクター」が評価され、日本インストラクター協会(JIA)の「エクステリア心理アドバイザー」や「建築CADインストラクター認定試験」とともに人気となっていますよ。

「建築材料インストラクター」を取得すれば、オリジナリティーにも幅が生まれますね。

さらに「インストラクター」資格という特徴的な名目のため、建築業界などですでに実務経験のある方が、「教える」選択肢を視野に入れて受験するケースも増えています。

人により目的はさまざまな 「建築材料インストラクター」、少しでも気になった方は日本インストラクター協会(JIA)で情報をチェックしてみましょう。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP