和食資格

和食資格人気ランキング

ユネスコ無形文化遺産にも登録されている「和食」。日本人の食の欧米化が進む中、海外モデルのプロポーション維持のための食事として、和食が用いられいます。

和食のレシピだけでなく、その歴史や取り巻く環境、食材などについて、学んでみるのも良いでしょう。和食に関する資格をランキング形式で見ていきます。

1位 和食エキスパート

和食エキスパートとして基礎的な和食の知識と技術を獲得していることが資格認定の条件です。だしの種類や和包丁、煮物などの和食に関する知識も必須事項です。

普段の生活に生かしやすい資格であること、資格取得後は自宅やカルチャースクールで講師活動ができることが人気の理由です。

2位 日本料理インストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格です。日本料理に関する知識を一定水準以上保有していること、その知識を講師として役立てることが合格基準となります。

季節に合わせた料理のレシピを考えたり、懐石料理に関する知識も必要となります。
日本料理全般について学べることが人気の理由の一つです。

3位 和食検定

日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えることができる基礎知識を身につけることができます。レストランや旅館、和のサービスで必要な知識を学べることから、仕事で和食と関わっている人たちに人気の資格です。

和食に世界が注目していることが人気が高まった理由です。

4位 和食マイスター

和食の知識と日本食文化の紹介や食事マナーなどを広く伝えるための基礎知識を学ぶことができます。和食マイスター協会が主催しています。

受験資格がなく、誰でも簡単に挑戦できることが人気の理由です。

5位 和食アドバイザー検定

和食の献立だけはなく、食材、調理法、食べ方、礼儀作法、食器など和食とその食の環境まで学ぶことができます。和食をその環境全体を文化と捉え、ユネスコ無形文化遺産として和食を世界に伝えていくのが目的です。

日本に昔から伝わる伝統的な料理を知り、アドバイザーとして活躍できることが人気の理由です。

6位 日本料理プロデューサー(R)

日本料理や和食についての専門的な知識を身につけることができる資格です。日本料理店の出店から経営管理など、日本料理の中身だけでなく、メニュー開発や店舗の運営などに関わる広い知識を学べます。

世界で日本料理のお店を開いて欲しいという需要がたくさんあることがこの資格を取得する理由の一つにもなっています。

7位 だしソムリエ

一般社団法人だしソムリエ協会が主催している資格です。正しいだしの知識を学べ、毎日の料理に役立ちます。試験では筆記とテイスティングの二種類があります。

普段からだしの知識を学びたいと思っている人が多いため、この資格は人気があります。

8位 家庭料理技能検定

文部科学省後援の資格です。筆記試験と実技試験があります。資格取得後は料理講師として活躍が期待できます。

歴史があり、信頼度が高く、履歴書に書ける資格であることが人気の理由です。

9位 惣菜管理士

一般社団法日本総菜協会が主催している資格です。食品に関する基礎から専門知識を習得し、生活に生かすことができます。3級から1級まで種類があります。

資格を取得すると総菜企業をはじめとする食品メーカーや流通、外食業界など幅広く活躍できることが人気の理由です。

10位 HRS日本料理食卓作法 講師認定

日本料理のテーブルマナーや日本料理の歴史、実践の食卓作法について身につけることができます。大人になると聞けなくなるテーブルマナー。特に難しいのは日本料理です。

教養の一つとして、または飲食店の人に人気のある資格です。

まとめ

和食に関する資格はいかがでしたか。普段から親しんでいる和食をさらに深く知ることで、食の環境を充実させることができます。

講師やアドバイザー、インストラクターとして活動することを考えている人はもちろん、そうでない人も挑戦しやすい資格が多いです。今一度、和食を見直してみる機会になるかもしれませんね。
和食  和食

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP