和菓子

和菓子資格人気ランキング

最近は和食文化が世界文化遺産に認定されたことを受けて、和食や日本茶に対する関心が今までにないぐらい人気になってきています。そんな中、日本茶に合うお菓子として和菓子も注目されてきています。
ただ、今まで自宅でケーキやクッキーを作ったことがある人がいても、和菓子を作ったことのある人は少ないのではないでしょうか。そこで、今回は和菓子を作れるようになりたい!!和菓子作りの極めたいという人にとって有能な資格をいくつかランキング形式で紹介していきます。
ある程度知識のある人には、試験のみの資格が有効ですが、一からしっかり学びたい人は事前の通信教育などでの勉強をしてからじっくり受験されることをお勧めします。気になる人は是非参考にして勉強されてはいかがでしょうか。

1位『和スイーツセレクトマイスター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本安全食料料理協会が主催している資格です。この資格を受験するための資格は特に不要ですが、いきなり受験というのは素人には難しいので、通信教育などを予め受講する方が良いでしょう。
この資格は和菓子に関するあらゆる知識を有していることの証明であり、全国各地の郷土菓子の知識や文化や歴史、もちろん作り方や道具の種類に至るまで様々な知識が必要とされます。
和菓子に興味のある方、好きな方には人気の資格です。

2位『和菓子文化コーディネーター』

<試験のみ・費用10,000円・期間5日間>
日本生活環境支援協会が主催している資格です。この資格もいきなりの受験は難しいと思われます。通信教育などで事前の教養を身に付けた上で試験に臨むと良いでしょう。
この資格は、和菓子に関する歴史や文化はもちろんのこと、四季や行事に合わせた和菓子を選ぶこともできるようになります。和菓子に関係する仕事をしている人(和菓子屋の店員や和菓子メーカーの社員など)には人気の資格です。もちろん一般の人も和菓子に興味のある人に人気の資格です。

3位『菓子製造技能士』

一定年数の実務経験が必要
<費用およそ19,000円・期間は年に1回>
技能検定に合格した和菓子製造業者に与えられる国家資格です。本資格には1級と2級があります。2級の方が優しく、より高い目標を目指す方は1級も取得します。試験には実技と学科の2種類があり、それぞれに受かる必要があります。
和菓子を作るための技術が一定水準以上に達していることを都道府県が認定してくれるため、履歴書などに書けるのはもちろんのこと、実際に製菓メーカーや和菓子屋さんで働いている人にとっては、職場でのキャリアアップとして十分評価される資格です。
受験資格としては、職業訓練施設などでも実績として認められるようですが、実務経験だけで資格に達しようとする場合は2年以上の実務経験が必要です。取得するには、ある程度の長期的な計画が必要になってきますね。

4位『製菓衛生師』

一定年数以上の実務経験か勉強の実績が必要
<費用9,430円・期間は年に一回>(神奈川県の場合)
厚生労働省の定める基準に基づいて各都道府県にて実施している国家資格です。合格すると都道府県の製菓衛生師名簿に名前が載る。お菓子屋さんやレストランなどで良く表示されている「食品衛生責任者○○」と貼ってあるのは、お店を営業するにあたって責任者を掲示する義務があるからですが、この食品衛生責任者になるためには製菓衛生師の資格はマストな資格の一つなのです。その為、これから自分で和菓子のお店を開業しようとしているとか、今の和菓子屋さんでの昇格を目指している人には、是非ともおすすめしたい資格なのです。
受験資格としては、以下の2点が必要になってきます。
①製菓衛生師の養成施設で1年以上必要な知識を学んでいること
②中学校を卒業している(または同等の資格を持っている)こと
1年以上の勉強期間が必要なため、取得するためには相当な努力が必要となるでしょう。是非目指す方は長期的な計画を立てて目指しましょう。
和菓子  和菓子

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP