スタイリスト

服飾インストラクター口コミ評判

突然ですが「冠婚葬祭については、正しい知識をもっている」と自信を持って言える方は、どのくらいいるでしょうか?

たとえば、葬儀に際しお香典を包む場合、新札を避けることはよく知られていますね。新札を包むと、まるで故人の葬儀を予め準備していたように感じられてしまうからです。

では葬儀に出向く場合の正装について、女性がアクセサリーを付けるのは礼儀として正しいかそうでないかは知っていますか?

これに関しては成人になると礼儀の一環で、喪服に準じた装飾品で身を整えて故人を送るのが正装のようです。こうしてみると、「服飾」にもいろいろルールが細かく定められていると分かってきますよね。なぜなら「服飾」とは日本で受け継がれてきた文化だからです。

それでは、今回は日本インストラクター技術協会(JIA)の「服飾インストラクター」についてご紹介していきますね。

 

服飾インストラクター認定試験口コミ評判 — 「服飾インストラクター」の内容

「服飾インストラクター」は服の着こなし方はもちろん、色の合わせ方について、TPO(時と場所、状況)を想定して適切にアドバイスできる知識を有した方に認定される資格になります。

ファッションは個性でもありますが、一歩間違えると誤解を与えてしまいます。

またある程度狙いを定めれば、ビジネスや政治のシーンでも応用でき、戦略のひとつとして強い一手となるのです。たとえば、政治家が赤いネクタイをして演説するのは、攻めの姿勢を象徴しています。

こうして考えてみると、「服飾」の可能性を感じられませんか?

 

服飾インストラクター認定試験口コミ評判 —  日常の所作にはもちろん、仕事に繋げる資格

日本インストラクター技術協会(JIA)の「服飾インストラクター」はここまで見てきても、生活に即した、重要な資格であることが分かってきたと思います。

また身近に「服飾インストラクター」がいたら、常識的な案件から自分自身のアピール方法まで、レクチャーを受けてみたいと思って何だかワクワクしますね。

「服飾インストラクター」は、人が長い生活のなかで培ってきた「服飾」の歴史についても学んでいます。

ですので、「服飾インストラクター」なら趣味としても、仕事としても生活に活かせそうな気がしてきませんか?

 

服飾インストラクター認定試験口コミ評判 — 礼儀作法に詳しい方にもおすすめ

「服飾」は文化とも深く関わり合う分野であると分かったと思いますが、礼儀作法に詳しかったり、CS(顧客満足)のプロが、さらなるスキルアップのために「服飾インストラクター」を取得するケースも増えています。

また「服飾インストラクター」の受験方法について、日本インストラクター技術協会(JIA)では、受験を申請したあとは自宅で試験を受けられるため、どなたにでも受験しやすい環境が整備されています。

受験に際して制限はないので、何らかの職務経験がないといけないとか、ベースになる資格取得が必要といったこともありませんよ。

さらに、日本インストラクター技術協会(JIA)はその名の通り、インストラクター資格を中心に試験認定を行っていますので、「服飾」のプロになって教える立場になりたいと願う方にとってはピッタリの内容なのです。

とくに女性の応募が多く、「カラーコーディネート」などの資格と一緒に受験を希望される方も増え、口コミ評判を集めていますよ!
ファッションデザイナー  スタイリスト

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP