手紙の書き方

レターライティングマスター口コミ評判

メールやSNSの普及によって、手紙を書く機会は激減しています。
しかしながら、手紙を書く必要がある場面は確かに存在しており、大抵はビジネスの現場であったり目上の人に宛てるなど間違いの許されない場合が多いです。
また、ビジネスメールやビジネス文書では手書きの手紙とは異なりますが、手紙のような作法やマナーが重視されます。
目上の方に宛てたフォーマルな手紙や、ビジネス文書、ビジネスメールを書くときに自信を持って素早く文章が作れると仕事や人間関係も円滑に進みます。
そんな手紙や文章の正しい知識を身に付けたい人に向けた資格である、レターライティングマスターの資格をご紹介します。

レターライティングマスターとは

レターライティングマスターは日本デザインプランナー協会が主催する資格です。
日本では古来から手紙というのはとても大切なコミュニケーションツールとして親しまれてきました。古くは平安時代、恋愛は美しい言葉で綴られた手紙のやり取りが主なコミュニケーションであったと言われています。
そんな文化から、日本の手紙には形式やマナー、また季節ごとの挨拶など決まりごとが幾つかあります。レターライティングマスターは手紙に関するマナーや言葉遣いなどの知識を一定以上有しており、なおかつその知識を活かして人に喜ばれる手紙を書くことができる方に認定される資格です。
資格取得後はご自身のビジネススキルとして役に立つばかりでなく、カルチャースクールでの講師活動や自宅で教室を開講するなど、幅広い活躍が見込まれます。

レターライティングマスター認定試験について

レターライティングマスター認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。
試験は偶数月に行われており、在宅で受験できます。申し込み後、試験期間に問題用紙と解答用紙が協会より送られてきますので、試験期間内に自宅で試験を行い、解答用紙を期限までに返送用の封筒で送ります。1カ月ほどで合否が発送されてきます。

レターライティングマスターの口コミ

・ビジネス文書を書くときに悩み時間がかかってしまうのでスキルアップのため勉強を始めた。
・資格取得に向けた学習の中で日本語の美しさを再確認できたのが良かった。
・正しい知識を身につけたので、学習したことを活かして自筆での手紙を書きたい。
・美しい文章を書けるようになったので、今度はペン習字を始めて字もきれいになりたい。
・仕事でメールを扱うときにスムーズに行えるようになった。
・ビジネス文書を書く際に何から書けばよいかわからず途方に暮れていたが、資格取得のためにしっかりと知識をつけたので、スムーズに文書を作成できるようになった。
・資格を取得することで講師としての道が開けた。
手紙のやり取りが少なくなった現在でも、ビジネスの現場では書面で文書を取り交わすことも多く、またメールでのやり取りでも友人や家族とのメールと異なり、形式に則って文章を作成することが必要になります。
現代人は特に手紙を書くことを習慣としてきていないので、社会人になってメールや文書作成の時にどうして良いかわからず困ってしまう、なんてことも珍しくないようです。
そんな時にこのレターライティングマスターの資格取得のために勉強した知識を活かして、仕事をスムーズに進められたという声が多くありました。
中には美しい文章をより引き立てるため、ペン習字を習って綺麗な字を書けるようになりたいなど、新たな目標が見つかった方もいらっしゃいました。
レターライティングマスターはビジネスの現場で実践として役立つ、また手紙を書くことによって生活を豊かにする、そんな公私ともに役立つ資格といえます。

まとめ

手紙という文化は世界中にありますが、季節の言葉や形式など、日本では独自の文化として手紙が発展してきました。
そんな手紙は現在メールやSNSの普及によって日常的にやり取りする人は減ってしまいましたが、だからこそしっかりとした手紙が書ける人はビジネスの現場でも貴重な人材と認められるでしょうし、プライベートでも一目置かれる存在になるでしょう。
文章を書くこと、手紙のやり取りが好きな方、またビジネス文書が苦手、という方はレターライティングマスターの資格を検討してみてはいかがでしょうか。
手紙の書き方  手紙の書き方

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP