リフレクソロジー資格人気ランキング

リフレクソロジーは世界中で行われている代替医療の一つで、反射療法とも呼ばれています。足の裏や手のひらをマッサージすることで体調を整えたり、疲労の改善を行うリフレクソロジーには、最近ますます注目されていて、たくさんのスクールや店舗ができています。そんなリフレクソロジーにも様々な資格がありますが、どの資格が人気なのでしょうか?今回は、リフレクソロジーの資格をランキング形式でご紹介します。

1位リフレクソロジーセラピスト

リフレクソロジーセラピストは、リフレクソロジーの効果や種類、施術の方法などの幅広い知識を有していることを認定する資格です。認定機関は日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)で、様々なセラピーに関する資格を認定している有名な機関なので安心です。リフレクソロジーセラピストの試験では、日本をはじめ、台湾や中国、インド、タイなど様々な国の健康法やリフレクソロジーの歴史、効果、種類、行い方などが問われます。資格を取得することで、リフレクソロジーセラピストとして講師などとして活動することができるようになります。

リフレクソロジーセラピストの試験を受けるにあたっては、事前の講座受講などの必要はなく、誰でもやる気さえあればチャレンジすることができます。また、受験料は10000円と、資格取得にかかる費用としてはかなり安いのも魅力的です。受験申請はインターネットから申し込みすることが可能で、試験は在宅で受けることができるので、地方の方や仕事などで忙しい方にもおすすめです。合格ラインは70%なので、しっかりと対策を行えば、きっと合格できると思います。

誰でも受験できる気軽さや受験費用のリーズナブルさ、認定協会の信頼度などからもリフレクソロジーに関する資格としてはダントツの人気資格と言えるでしょう。

2位健康リフレクソロジーインストラクター

健康リフレクソロジーインストラクターは、日本インストラクター協会技術協会(JIA)が認定している資格です。この資格を取ると、健康リフレクソロジーインストラクターとして、自宅や教室などで講師活動ができるようになります。試験では、リフレクソロジーの行い方をはじめ、食事や入浴、ヨガなどの他のケアとリフレクソロジーの関係性などの知識も問われます。リフレクソロジーの知識の幅を広げたい方は、この試験を受けることをおすすめします。

リフレクソロジーセラピスト同様、試験にあたっての受験要件は特になく、誰でも気軽にチャレンジ可能です。また、受験費用も10000円とリーズナブルな点も嬉しいですね。受験申請はインターネットからの申し込みで在宅受験、合格ラインが70%である点もリフレクソロジーインストラクターによく似ています。

リフレクソロジーセラピストという資格だけでは満足できない方は、様々な点で似ている健康リフレクソロジーインストラクターも合わせてチャレンジしてみるのもいいと思います。やはり資格を2つ持っているというのは大きな信頼につながりますよ。

3位リフレクソロジスト資格 日本能力開発推進協会

一般社団法人日本能力開発推進協会が認定しているリフレクソロジーに関する資格で、手と足で行うリフレクソロジーに関する深い知識を有していることを認定するものとなっています。試験の受験料は5600円と安いのですが、受験にあたっては認定教育機関の講座を修了する必要があります。認定機関での講座は数万円の費用が必要であることから、1位・2位の資格に比べるとハードルは高いと言わざるを得ません。ただし、試験は在宅で受けることができるのは便利ですね。

なお、試験は実技となっていて、2名に対して5回の施術を行なったのち、施術前と施述後の写真を撮影し、提出することになります。合格ラインは70%なので、講座をしっかりと受講した上で受験すれば、決して難しいものではありません。

費用が少しかさみますが、講座の内容などはわかりやすく丁寧なので、お金に余裕のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

4位一般社団法人 ITSA認定英国式リフレクソロジスト

一般社団法人国際セラピスト支援振興協会(ITSA)が認定している資格で、英国式リフレクソロジーに関する包括的な知識を有することを証明するものとなっています。認定機関によるカリキュラム修了することで資格を取得することができますが、カリキュラム受講に数万円の費用がかかります。英国式に絞って資格を取得したい方にはおすすめですが、初めて資格を取りたいという方には範囲が限定的なのでおすすめできません。1位・2位の資格を取得した後に、取るのにはいいかもしれません。

5位リフレクソロジー・プロライセンス実技士資格

日本ヒーリングリラクゼーション協会(JHRS)が認定している資格で、高い技術と知識を持つリフレクソロジストを養成する目的で作られたものになります。試験は年4回実施されており、受験会場は東京・大阪・札幌の3箇所のみとなっています。認定機関でのカリキュラムの受講が必要な上、3年ごとの更新性となっているのでハードルはかなり高いです。地方の方は試験会場に行くのも大変なので、その点もおすすめできません。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP