手紙の書き方

ペン字・手紙資格資格人気ランキング

文字を書く機会が少なくなったとはいえ、大切な場面で直筆が必要となります。そんなとき、美しい字が書けたら素敵ですよね。ペン字や手紙に関する資格もいくつか存在します。ランキング形式でご紹介していきましょう。

1位 レターライティングマスター

日本デザインプランナー協会が主催する資格です。手紙を書く際に言葉遣い、季語、敬語などの日本語の美しい言葉をしっかりと認識し、使いこなせるようになるのが目的です。日本人でありながら、きちんと正しい日本語を使うには知識と訓練が必要です。
資格取得後はレターライティングマスターとして、自宅やカルチャースクールで講師としての活躍も期待できます。自分たちの言語を見直し、正しく使えるようになることや講師活動ができることが人気の理由です。

2位 手紙・文章ライター

現代ではメールが主となっていますが、趣のある手紙をきちんと書けると素敵ですよね。手紙や文章をきちんと組み立て、書ける技術が身に付きます。
高いレベルの文章力が身に付くことも魅力です。通信講座で受講、受験ができることで誰にも始めやすく、人気があります。

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

ボールペンや万年筆、サインペンを利用してどれだけ早く美しく文字が書けるかを測る検定試験が硬筆書写検定です。文字や文字を書く技術のみが問われるのではなく、漢字の筆順や誤字訂正、書道の歴史など知識も必要とする資格です。
階級は1級から5級まであります。階が上がるごとにより専門的な知識が必要となります。3級以下は学生レベルでも十分受けることが可能であることから、学生が挑戦できる資格として人気があります。

4位 日ペン 師範試験

日本ペン習字研究会が主催している資格です。年に一度、師範試験が行われます。部門は3つにわかれており、規定部、筆ペン部、かな部、それぞれの部門で師範試験が行われています。
日ペンのボールペン講座を受講したり、別の場所でペン字や筆ペンでの書き物を学んだりして、師範試験に臨む人が多いようです。
師範試験となるとやはりレベルが高いため、資格を取得すると、ペン習字の教室を開くことができます。本格的に仕事としてペン習字を身につけたい人に人気の資格です。

5位 毛筆書写検定

毛筆は硬筆に比べると使われる機会が少なくなりました。しかし、毛筆で宛名が書いてあったり、手紙が筆で書かれていると趣もあり、日本らしい素敵な手紙になりますよね。
使う機会が少ないからこそ、サラサラと書けると素敵ということで、根強い人気があるのが毛筆書写検定です。
学生でも受けられる点や持っていると一目置かれることから人気がある資格です。
 

6位 文化ペン字検定

代々木文化学園が主催する資格です。文部科学省国語の教科書の書き方手本にもなった書風を用いていることから伝統的な文字を学ぶことができます。
年賀状や実用書式、楷書、草書など幅広いペン字を身につけることができるため、人気があります。
 

7位 手紙の書き方アドバイザー(R)

手紙の文字ではなく、手紙の書き方について学べるのが手紙の書き方アドバイザーの資格です。お詫び、お断り、励ましや催促、お悔やみの手紙など普段使う機会は少ないけれど、知っておきたい手紙について学ぶことができます。
通信講座と座学講座の両方で学べ、早い人で1ヶ月半で資格を習得できることが人気の理由の一つです。

まとめ

ペン字・手紙に関する資格はいかがでしたか。字を書く機会が昔に比べて減っているからこそ、いざ書く時に美しい文字が書けると一目置かれます。大人になってからでも教養のために身につけたい文字の練習を資格を取ることで身につけてみてはいかがでしょうか。
手紙の書き方  手紙の書き方

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP