幼児食資格

ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

ママを経験した人であればわかる、子育ての大変さがあると思います。
ママになりたての人はどうして良いかわからずあたふたしますよね。子育ては一生に一度のイベントであるので、誰しもが失敗を繰り返しながら試行錯誤してやっていくものです。毎日やらなければいけないことの一つとして食事がありますが、子どもには子どもに適した幼児食があります。
今回は幼児食についての資格である「ベビーフードインストラクター認定試験」についてご紹介したいと思います。

ベビーフードインストラクター認定試験とは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。
出題範囲は、子どもの成長に良いとされる食材の知識、食材を活かした調理方法や、正月やクリスマスなどのイベントに合わせた食事の作り方などについて出題されます。また、食材を三色の色に分けて、エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、 身体の調子を整えるもの(緑色)といったように栄養バランスの良い食事の考え方や子どもの体格・運動量に合わせた食事の考え方についても出題があります。まさに現在子育て中の方が知っておきたい知識です。
受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

幼児食における色と形の効果

上記の三色に分けた食材の色で栄養バランスの良い食事をとることができますが、色は視覚的効果もあります。例えば、赤色や黄色の食材を用いた食事では食欲が増幅されると言う効果があります。また、補色(色相環の正反対の色)を用いると色が際立つと言う効果もあるそうです。マグロの赤みの刺身にシソが添えてあると美味しそうに見えますよね。つまり、そういう理由で美味しく見えるそうなのです。また、緑色にはリラックス効果があるので、緑の食材を用いることによって食事はリラックス効果も与えることができるのです。
また、子どもは可愛くカットした食材を喜びますよね。私たち大人であっても可愛くカットされた食材を見るとほっこりとした気分になったり、気分が上がることがないですか?これと同じように、子どもが可愛い形のものを喜ぶのは見ていて楽しいからです。
このように色と形を工夫することによって、子どもが食事を楽しく食べることができるのです。

ベビーフードインストラクター認定試験の口コミ

日本インストラクター協会の資格は講師として活躍したい方や独立してフリーで働きたい方に適した資格が揃っています。「インストラクター」という名前の通り、人に知識や技術を教えることに特化しているので、人に教えるのが好きな方には適していると言えるでしょう。各スキルについて一定の知識・技術があることを証明するので、資格を取得したことで就職や転職に役立てることができると評判です。
ベビーフードインストラクターの資格を取得して独立して仕事をしたいという方にもオススメです。子どもが大きくなって手が離れた時に、自分の経験をもとにして仕事として始めるのもよいでしょう。もちろんご自身の初めての子育てに役立てたいという方にもオススメの資格です。
いかがでしたか?
幼児期の食事は、その後一生付いて回る食事の土台とも言える大切な時期です。そして一生に一度しかない時期でもあるので、楽しく食事を取れる方法を効果的に用いることで、大切な思い出もつくることができます。
この機会にぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか。
日本インストラクター協会のベビーフードインストラクター認定試験詳細についてはこちらから↓
https://www.jpinstructor.org/shikaku/babyfood/
幼児食  幼児食

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP