ドッグトレーニング

ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ペットとして犬を飼っている方は、最初しつけに苦労したのでないでしょうか。

犬は非常に賢い動物ですが、聞き分けの良いペットとなるか、飼い主を困らせるトラブルメーカーとなるかは全てしつけにかかっています。
犬がわんぱくであることは飼い主からすれば「ちょっと困るけど、可愛いから許す」となってしまいがちですが、散歩させた時に他人にやたらと攻撃的であったり、言うことを聞かない犬は人間と一緒に暮らすことは難しいです。犬の場合人に対して噛み付いたりすると、保健所で最悪殺処分となってしまうケースも少なくなりません。そのような悲劇を起こさないためにも、犬のしつけは非常に重要なのです。
今回は犬のしつけについての資格である「ドッグトレーニングアドバイザー」についてご紹介したいと思います。

ドッグトレーニングアドバイザーとは?

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。
犬のしつけに関してプロと呼ばれるのにふさわしい資格で、犬に対して基本的なしつけとトレーニングの知識と技術を証明するものです。また、これを順序立てて犬にしつける技術を持っていることを証明するものでもあります。
出題範囲はアイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・伏せ・待て・おいで・甘噛み・玄関のチャイムや来客への対応・室内トイレ・屋外用トイレ・散歩などのトレーニングなどのように、人間と同じ住居で暮らす上で最低限しつけなければいけない知識についての出題があります。

受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

犬のしつけの失敗例

幼少期より犬のしつけが上手くいっていないと、以下のような問題行動がみられます。

・無駄吠え

・威嚇

・噛み癖

・トイレの粗相を繰り返す

これらは飼い主を疲弊させるだけではなく、外に散歩に連れ出したときに他人に迷惑をかけてしまうこともあります。このようにしつけに失敗してしまうのは、犬が起こした失敗に対して誤った対処を飼い主がしてしまうためでもあります。また、犬が何に対して怖がっているのか、どういう対象に吠えたり噛み付くのかということを飼い主が理解していないということがあります。

このようなことを矯正するために、ドッグトレーニングアドバイザーの知識は必要になるのです。

ドッグトレーニングアドバイザーの口コミ

日本生活環境支援協会の認定資格試験は特定のスキルが一定の水準に達していることを証明するものです。優れた知識と技能を有することをアピールできるものですので、就職試験などで役に立ちます。企業側からしてもスキルを持っている人を必要としているので、資格を持っていること=即戦力として期待できると判断される傾向にあります。また、資格取得後は講師やインストラクターとしても活躍できる資格を取り揃えているので、独立を目指している方にもオススメです。

犬が好きな人であればこれを仕事にすることも楽しいでしょう。犬のしつけはなかなか人から教わることがなく自己流でやっている方も多いので、講師としての需要は少なからずあります。これから犬を飼うという方も、犬を飼う上で必要な知識を学ぶことができるのでおすすめしたい資格です。

いかがでしたか?

犬のしつけはつい自己流になってしまいがちですが、効果的なしつけの方法があります。少しずつ順序立ててトレーニングを続けることで、犬もきちんと学習することができます。犬を飼う全ての方におすすめしたい資格です。
日本生活環境支援協会のドッグトレーニングアドバイザー詳細についてはこちらから↓
https://www.nihonsupport.org/shiken/dogtraining/
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP