スーパーフードアドバイザー口コミ評判

「スーパーフード」という言葉を知っていますか?

「スーパーフード」は、1980年代頃。アメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われはじめましたのが始まりといわれています。「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品」や「ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品」という定義のもと、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材として、もしくは健康食品としての使用できるものをさしています。こう書くと、すごく堅苦しいものに感じますが、アサイーやクロレラ、ココナッツといった言葉を聞くとピン!とくる方が多いんではないでしょうか?「スーパーフード」は、私たちの日常生活に身近に存在するんですよ。

【スーパーフード】の必要性

私たちの身体は、私たちが食べた物からできています。しかし、環境や生態系などの懸念などから、食の見直しが叫ばれている昨今。食生活の栄養バランスを整え、健康で若々しい身体を手に入れるためにために、口にする食品の1つ1つを知ること・・・、それは、自分のためにだけでなく、子々孫々の繁栄につながっていく問題でもあります。

【スーパーフードアドバイザー】とは?

スーパーフードアドバイザーとは、「日本安全食料料理協会(JSFCA)」が認定試験を行っている資格になります。

スーパーフードアドバイザーは、「食べること」を根本から見つめ、具体的にどのような食品や種類があるのかを理解し、それらの健康効果や美容効果までにまで熟知した方に認定される資格です。アイサーやチアシードなど「スーパーフード」として、スーパーやコンビニに並ぶ今日。一貫性のブームではなく、多くの人の健康と繁栄を考え「スーパーフード文化」を作っていくパイオニアとして、世間への周知、推進活動を積極的に行っていける資格です。

【スーパーフードアドバイザー】の活躍の場は?

この資格を取得することで、まずは、日々の食卓をさらに楽しく健康的な場に演出することができますよね!資格を武器に飲食店でも自信をもって働くこともできます。もちろん、「スーパーフード」をふんだんに取り入れたこだわりカフェやレストランを、ご自身でオープンさせることも夢ではないでしょう。お料理教室という場もありますよね。さらに、幼稚園や学校なのでは「食育」と言葉とともに、食に関する関心が高まってきています。大手食品メーカーも注目し、いろいろなスーパーフードを利用した食品を提供しています。

食は、人間の生活と切っても切れないものです。

あなたの熱意とアイデア次第で、活躍の場は無限大に広がるのが【スーパーフードアドバイザー】の資格ではないでしょうか?

【スーパーフードアドバイザー】資格取得の方法

「日本安全食料料理協会(JSFCA)」が認定する資格になります。

個人への資格認定制度以外に、同協会の基本姿勢に従って教育機関への審査、「JSFCA認定校」としての認証活動も行っています。そのため、社会のニーズをしっかりと把握しているため、【スーパーフードアドバイザー】の合否も「社会での活躍の場」を想定した客観的な判断で決定されます。

受験方法は、当協会のホームページにアクセスをしていただき、受験申込ページに必要事項を記入するのみ。その後、協会より、受験に必要な書類や支払い方法などの説明が郵送されてきます。このように、インターネットを活用したシステムが確立されているため、受験も自宅でいながら行うことができます。なかなか家を離れることができない主婦の方も挑戦できる環境は、嬉しいですよね。毎月偶数月の20~25日に行われ、必要な費用は受験料のみ。受験資格も問われません。

最後に

実は、トマト・アボカド・枝豆・アーモンドなども、「スーパーフード」なんですよ。日本人が慣れ親しんだ和の食材の中には、スーパーフードがたくさんあります。話題の高級スーパーフードも気になりますが、身近な食材を見返すだけで、私たちの周りには貴重な食材がいっぱいあるんです。こんな素晴らしい環境にいるのですから、ぜひ食への関心を高め、【スーパーフードアドバイザー】の資格に挑戦してみてください。

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP