ウオーキング資格

スポーツ運動資格人気ランキング

スポーツと聞くと野球やサッカー、バスケットなど激しい運動や球技、器械体操のような決まったスポーツを想像しがちですが、ウォーキンングや生活の中で行うストレッチもスポーツの一環です。

スポーツをもっと身近に、生活に取り入れやすいスポーツの推進のためにスポーツに間する資格もたくさん誕生しています。スポーツや運動に関する資格をランキング形式でご紹介します。

 

1位  健康ウォーキングアドバイザー

日本生活支援協会が認定する資格です。健康ウォーキングアドバイザーはウォーキングの有酸素運動効果やダイエット、生活習慣病の予防などの広い知識を学び、実践に生かす仕事です。

スポーツ関連の仕事に就いている人には+αの資格として持っておくと良い資格でしょう。自らの実生活にも生かせ、他人にもアドバイスできることが人気の理由の一つです。

 

2位  歩き方インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定する資格です。歩き際のフォームやペース、コースなどを考え、より効率良くカロリーを消費するにはどうすれば良いかなどを学ぶことができます。

普段からウォーキングを行っている人にはもちろん、スポーツの基礎体力づくりのために行う人へのウォーキングのコツなど様々なことが身に付きます。それがこの資格の人気の理由でもあります。

 

3位  スポーツインストラクター

栄養やスポーツ生理学、トレーニング方法などスポーツ全般の基礎となる部分について人を指導できるだけでの広い専門知識を学ぶことができます。プロのインストラクターを目指すには専門学校や大学でスポーツ学を専攻する人が多いのも事実です。

この資格がないとインストラクターができないというわけではありませんが、持っていることで世間的に信頼を得やすく、肩書きとしても使えることが人気の理由です。

 

4位  スポーツリーダー

スポーツリーダーは別名スポーツ指導基礎資格とも呼ばれています。地域においてスポーツグループのリーダーやサークルを引っ張る役割をしている人におすすめしたい資格です。

資格取得後は競技別指導者資格やフィットネス資格へとステップアップできることなどから、リーダーとして活躍していきたい人に人気のある資格です。

 

5位 アスレティックトレーナー

スポーツドクターやコーチの協力のもと、競技者の健康管理や怪我の予防、体力づくり、救急処置方法などをトレーニングするのがアスレティックトレーナーの仕事です。

 

現在、トレーナーとして活動している人やこれからトレーナーを目指す人には挑戦したい資格です。資格を取得することでスポーツドクターやコーチからも信頼されやすくなるので、プロのトレーナーを目指すには必要な資格です。
 

6位 フィットネストレーナー

激しい運動は好まないが、体力づくりのためやアンチエイジングの効果を期待してフィットネスクラブに通う人が年々増加しています。

自分でマシンをこなすことは可能ですが、トレーナーがいるとより効率良く、どの部分を鍛えれば良いのか、食事はどのようなところに気をつければ良いのかなどを知ることができます。フィットネストレーナーの資格を取得すれば、他の人への指導が可能となります。

 

自身の運動に生かせるだけでなく、他人にアドバイスし、仕事にしたいと考える人にはおすすめの資格です。

 

7位 スポーツドクター

スポーツマンの健康管理やスポーツ時の怪我の治療や予防研究を行うのがスポーツドクターです。競技会において医事の運営や選手のサポートを行います。

自身はスポーツをするより、効率的な筋肉を使い方やアスリートのサポートに興味がある人にはおすすめの資格です。ただし、あくまでもドクターであることから医師免許取得後4年経過していることが最低条件となります。

 

まとめ

スポーツや運動に関する資格はいかがでしたか。運動は競技としてのスポーツから日常の軽い運動まで、私たちの生活に欠かせません。資格を取得し、より幅広い知識を身につけることで自身を進化させたり、他人を育てサポートしたりすることができるようになります。
ウォーキング  ウォーキング

女子におススメ資格

  1. ピラティス
  2. 手相占い
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. カラー
  7. ハーブ
  8. ソムリエ協会
  9. cad
PAGE TOP