睡眠快眠

ストレス社会を生き抜く 「安眠インストラクター」 口コミ評判

みなさんは、「睡眠」へのこだわりがありますか?

枕やスプリング、照明、アロマなど、「睡眠」を取り巻く環境を整えて、「安眠」を導くことができることは、かなり一般的に知られるようになりました。

また「睡眠」時間は長くとれば良いというわけではないことが、近年の研究からも分かっています。

日本インストラクター協会(JIA)が認定試験を定期的に開催する「安眠インストラクター」は、「安眠」を実現させるためのプロ資格です。

心地よい眠りを手に入れたい方はもちろん、「安眠インストラクター」として「安眠」を推進させたい方は、試験に挑戦してプロを目指してみませんか?

 

安眠インストラクター認定試験口コミ評判 — 理想は毎日の健やかな眠り

寝だめが ”できる”、”できない” の論争がありますが、理想はやはりその日の疲れをその日のうちにとるスタンスです。

一方で「不眠」になるメカニズムは、緊張やストレスで交感神経と副交感神経がうまく入れ替わらず、寝る状態に入っても眠くならないという状況に陥ります。

結果として入眠時間が遅れ、明け方に眠れたとしてもすぐに起きなければいけなくなりますね。

また、夜中に何度も目が覚めるのも、眠りが浅い証拠といえます。

それではどのようにすれば、理想の睡眠を手に入れられるのでしょうか。

 

安眠インストラクター認定試験口コミ評判 — 「睡眠」の質を自分で守ろう

日本インストラクター協会(JIA)の「安眠インストラクター」資格では、睡眠障害で何が起こるかなど、睡眠がしっかりとれなかったときの問題提起にはじまり、その解決法を提案できるインストラクター資格です。

もちろん、ご自身やご家族のために勉強される方もいらっしゃり、自信がついた段階で講師としての道を進まれる方もいます。

試験を受けるにあたって、必要とされる要件はないので、どなたにも平等にチャンスがありますよ。

 

安眠インストラクター認定試験口コミ評判 — 安眠のためにできること

安眠のためには、できれば毎日一定の時間に寝床に入り、休日を含めて同じ時間帯に起床すると体のリズムが整います。

就寝前にゲームやスマートフォン、パソコンの画面を見続けると脳が興奮状態になるため、寝る前は入浴したりストレッチするなどしてリラックスを心がけるのが良いでしょう。

そして、睡眠の環境を整えることも大切です。

自分に合った寝具で首の位置が高すぎないよう枕を調整したり、入眠しやすいようアロマを取り入れる、間接照明にして入眠体制に入るなど、少しの工夫でも眠りやすくなっていきます。

 

安眠インストラクター認定試験口コミ評判 — 「安眠」のプロは「健康や癒し」のプロ

ご紹介してきた一部は「安眠インストラクター」試験で網羅される内容になってきますので、少しでも気になった方は、日本インストラクター協会(JIA)の「安眠インストラクター」資格について調べてみませんか?

受験料は10,000円で、日本インストラクター協会(JIA)に申請後、在宅受験ができるので評判になっています。

資格試験の多くは主要都市での受験が多いですが、日本インストラクター協会(JIA)の試験なら遠方へ出かけるための交通費や時間も必要なく、そのぶん勉強時間に充てられますよ。

資格取得後は、合格証書の発行もできるので講師活動を行いたい方にも適しているのです。

ストレス社会が加速するなかで、ますます需要が高まる「安眠インストラクター」、始めるなら今がチャンスです!
睡眠  睡眠

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP