キッチン

キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判

キッチンに立つことが多い女性にとって、キッチンで過ごす時間が快適で充実したものになるということはとても大切なことです。そして、キッチンの状態にはその家の台所を預かる方の心理状態が反映されやすいと言われています。
ストレスの多い現代社会において、キッチンを清潔にすっきりと保ち、美味しくて栄養バランスのとれた食事を作り、食べることはストレス軽減にとても重要な役割を果たしています。
キッチンと心理学、一見あまり関連のなさそうな分野ですが、上記のように生活に密着した重要な分野であることから近年注目を集めています。
そんな新しい分野で活躍を期待されているキッチン心理アドバイザーの資格をご紹介します。

キッチン心理アドバイザーとは

キッチン心理アドバイザーは日本インストラクター技術協会が主催する資格です。
類似の資格にキッチン心理カウンセラーがあります。主催している協会が異なっていることのほかに、キッチン心理アドバイザーの場合はカウンセリングのみならず、その知識を教える能力も必要とされます。
キッチン心理アドバイザーには、キッチンからその人や家族の生活を改善し、より豊かなものに導いていくことが求められます。そうすることによって、キッチンに立つことがより楽しく、ストレスの軽減にも繋がることが見込めます。
また、家庭のみならず、飲食店や医療、介護、教育施設の調理室などでは労働環境の改善やストレスケアに力を発揮することができます。
キッチン心理アドバイザーは食や整理整頓を含めキッチンの知識、そして心理学の知識の両方が必要とされ、その知識を人々に教え広めていく役割を担っていると言えるでしょう。

キッチン心理アドバイザー認定試験について

キッチン心理カウンセラー認定試験は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。
試験は偶数月に行われており、在宅で受験できます。申し込み後、試験期間に問題用紙と解答用紙が協会より送られてきますので、試験期間内に自宅で試験を行い、解答用紙を期限までに返送用の封筒で送ります。1カ月ほどで合否が発送されてきます。

キッチン心理アドバイザーの口コミ

・普段の調理が楽しくなった
・調理することへのストレスを感じることがなくなった
・普段家事が忙しいので、在宅受験で助かった
・料理への知識を更に深めることができた
・教室やセミナーを開いてたくさんの方々を笑顔にしたい
普段何気なく利用し、料理を作っているキッチンや料理自体への愛着が深まったという意見が目立ちます。また、在宅受験が可能であることが、忙しい現代人が資格を目指す際のメリットであることも見て取れます。
キッチン心理アドバイザーであれば、資格取得後は講師として活躍することが可能ですので、家庭内だけでなく、仕事としてのスキルアップも見込まれます。

まとめ

女性の社会進出に伴い、男性も家事を手伝う割合が増えていると言われている昨今ですが、やはりキッチンに立つのは女性が大半を占めているため、この資格も女性が興味を持つことが多いようです。
キッチン心理アドバイザーは実際の生活に密着した資格であるため、実用度が高く、また、今後注目のジャンルということもありますので、料理が好きな方や、何か講師として仕事を始めてみたいという主婦の方は是非キッチン心理アドバイザーの資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP