カクテル資格人気ランキング

映画やドラマに出てくる「カクテル」が登場するワンシーン。お酒を使わなくてもできる「カクテル」もあるので、たとえ、お酒が飲めなくても十分楽しめるのも「カクテル」の魅力です。バーでの雰囲気だけでも味わいたい!そんな人も多いことでしょう。「カクテル」を楽しむのであれば「カクテル」の歴史や知識についても知っておくとちょっと違った思いで「カクテル」を楽しむこともできるかもしれません。「カクテル」に詳しくなるなら、いっそのこと資格をとるのもおすすめです。将来的にはバーを開業するというのも夢ではないかもしれません。ここでは「カクテル」に関する人気の資格を紹介します。

1位:カクテルソムリエ

カクテルソムリエとは、カクテルに関する様々な知識を有している人に与えられる資格になります。カクテルの種類、リキュールやフルーツの選び方、シェイクの仕方、アイスピックの使い方、グラスの選び方等、カクテルに関する様々なことが幅広く学べます。飲食業務に携わる方、趣味でカクテルについて知識を増やし、さらに楽しみたいという方、様々な人たちに人気のある資格です。

主催 JSFCA(日本安全食料料理協会)

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準 70%以上の評価

試験日程 偶数月で開催

2位:カクテルコンシェルジュ

カクテルコンシェルジュとは、カクテルに関する豊富な知識を有しているだけでなく、カクテルの作り方、リキュールの選び方、道具の扱い方を熟知し、実際にカクテルを作れる知識と技術も併せ持っていることを証明する資格です。資格取得後には、飲食業界での就職に優位になりますし、講習会やカルチャースクールでの講師としても活躍することが期待できる資格でもあります。

主催 JIA(日本インストラクター協会)

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準 70%以上の評価

試験日程 偶数月で開催

3位:カクテルマイスター

カクテルマイスターとは、カクテルを楽しみたい大人ならぜひとも知っておきたい知識が学べる通信講座を受講後に取得できる資格になります。その内容は、カクテルの歴史からバーでのマナーまでと幅広く、カクテルの知識が豊富になるだけでなく、バーでもスマートな振る舞いもできるようになります。本格的な従来の通信講座よりも手軽に、スマホで資格が取得できるオンライン資格サービスのformieも魅力的です。

主催 formie(フォーミー)

受験資格 特になし

受講料 27,000円(消費税込み)(認定証・検定費用込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

試験日程 随時

4位:カクテルアナリスト

カクテルアナリストとは、バーの開業を目指す人から、カクテルに関して極めたい人まで、様々な人を対象とした資格になります。カクテルアナリストは、カクテルだけでなく、ワイン、ビール、ウィスキー、ブランデー、リキュールといった洋酒に関する知識も専門的に学べる点も魅力です。

主催 JADP(日本能力開発推進協会)

受験資格 JADP指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、全カリキュラムを修了している者。

受験料 5,600円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準 70%以上の評価

5位:カクテルアドバイザー

カクテルアドバイザーとは、全国のホテルバーを中心に、バーのあり方やカクテルを中心とした飲料文化について社会的な貢献を行う目的で開かれたHBA(日本ホテルバーメンズ協会)主催の認定資格になります。カクテルアドバイザーの取得後にさらなるスキルアップとして、いくつか資格が設けられています。

主催 HBA(日本ホテルバーメンズ協会)

受験資格 20歳以上 一般の方~会社員・学生・主婦 その他~

※但し、HBA会員は受講不可

受講料 36,000円(消費税込み)(受験料込み)

受験申請 通信講座修了者(添削問題提出後)へ試験問題が送られるので申請不要

受験方法 在宅受験

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP