エクステリア

エクステリア心理カウンセラー認定試験口コミ評判

エクステリアという言葉に聞き覚えはあるけれど、どういった意味か知らないという方も多いのではないでしょうか。
エクステリアとは、外面、外観という意味の英語です。
建築業界ではインテリアの対になる言葉で、現在は外壁や庭を含めた建物の外側全体を意味する単語として用いられています。
そのようなエクステリアは、インテリアと同様に、人々の心に大きな影響を与えます。
エクステリア心理カウンセラーは、建物の外側のエクステリアが人々に与える心理的影響を考慮し、心理的なケアを行う仕事です。
昨今特に介護施設や医療施設の利用者さんや患者さんのストレスを緩和するためのエクステリアが注目を集めています。
そのような需要に応える資格のひとつがエクステリア心理カウンセラーです。
今回はエクステリア心理カウンセラーの特徴や口コミ評判を紹介します。

エクステリア心理カウンセラーとは

エクステリア心理カウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格です。
建物の外側のエクステリアが人々に与える心理的影響を考慮し、心理的なケアを行うことができることを証明します。
例えば、建物の外壁の色を変えたり、庭の風景を少し変えると窓から見える風景もガラッと変わり、見る人の心を明るくすることができます。
エクステリア心理カウンセラーは、どのようなエクステリアデザインによって、どのような心理的変化をもたらすのか、また、そのデザインを実現することができるスキルを身につけているかをテストします。
この資格を有することで、ご自身の家庭で活かすことはもちろん、
主な想定される活躍の機会としては、心理的ケアの重要性がより高い、介護施設や特に入院設備を備えた医療施設が考えられます。
これまで、建物の内側であるインテリアの部分が注目を集めることが多くありましたが、近年は建物の外側であるエクステリアも人々の安らぎや幸福感に重大な影響を与えることが注目されています。
決してメジャーな資格ではありませんが、だからこそ資格として知識を持っていることが貴重とも言えます。

エクステリア心理カウンセラー認定試験について

エクステリア心理カウンセラー認定試験は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催しており、受験資格は特になく、受験料は10000円(税込)、在宅での受験となります。申し込みはインターネット上から受け付けており、合格には70%以上の評価が必要となります。
試験は偶数月に行われており、在宅で受験できることから、気軽に受験できる資格のひとつです。申し込み後、試験期間に問題用紙と解答用紙が協会より送られてきますので、試験期間内に自宅で試験を行い、解答用紙を返送用の封筒で送ります。
慣れている自宅で受験できることが何よりのメリットです。
しっかり準備を行い、受験に挑みましょう。

エクステリア心理カウンセラーの口コミ

エクステリア心理カウンセラーを含め、まだ日本ではエクステリアが注目され始めて日が浅いこともありエクステリアに関連した資格を持っている人が少ない状況です。
そのため、資格取得者はエクステリア心理カウンセラーとしてのみ活動している、というよりは、他の医療関連、または建築関連の仕事のスキルアップのためや仕事の幅を広げるために取得しているケースが多いようです。
また、資格取得者が少ないということで、需要と供給がマッチした時に大きなチャンスに発展する可能性も秘めています。

まとめ

あまり普段触れることの少ないエクステリアという単語ですが、実は建物の外側部分でインテリアの対の意味を持つ単語として近年注目されている分野です。
エクステリアと心理学と両方の知識を持つ人は日本ではまだ少なく、資格取得後は建築関係の仕事も、医療や介護関係の仕事でも知識を活かして活躍することができるでしょう。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 和菓子
  3. 漢方薬膳
  4. 和食資格
  5. 羊毛フェルト
  6. ベランダ菜園家庭菜園
  7. ホロスコープス
  8. 手紙の書き方
  9. 掃除資格
PAGE TOP