インド料理資格 人気ランキング

さまざまな香辛料を使用したインド料理は、一度食べたらクセになってしまいますよね。お店で食べる機会はありますが、家でインド料理を作るといったら、9割がカレーになるのではないでしょうか。香辛料って種類も多くて扱いが難しいように感じてしまいがちです。しかし使いこなせるようになれば、さまざまな料理に活用ができ、日々の食事のレパートリーが一気に広がります。ここでは最近話題となっているインド料理の資格について、人気順にそれぞれの資格の特徴を紹介していきます。

1位 インド料理ソムリエ

JSFCA(日本安全食料料理協会)認定の「インド料理ソムリエ」はインド料理の作り方やその材料、香辛料の種類などのスペシャリストであることが証明される資格です。この資格取得に向けた学習で、インド料理に欠かせないアジョワン、フェンネル、アニス、カルダモンなどスパイス各種や、米、肉、魚、野菜などの食材に関して幅広い知識を学ぶことが出来ます。これから自宅で料理教室を開きたい方やこだわりのカレーを作りたい方、飲食業界に携わっている方、そのすべての人に受験資格があります。特に飲食店関係者にとっては、キャリアアップとしても使えそうです。試験自体は筆記試験で、実務経験の有無も問われないため、学習を行うことで誰でも取得を目指せる人気の資格です。

資格の受験料は10,000円でインターネットから申し込みができ、在宅受験が可能。忙しい人でも手軽に受けることができます。年に6回試験があるため、時期を問わず、今からでも勉強が始められますよ。

主催   :JSFCA(日本安全食料料理協会)

受験資格 :特になし

資格受験料:10,000円

受験申請 :インターネットからの申し込み

受験方法 :在宅受験

合格基準 :70%以上の評価

試験日程 :年6回(偶数月)

受験の詳細・申し込みはこちら⇒https://www.asc-jp.com/test/india/moushikomi/

2位 インド食文化インストラクター

こちらの資格は、インド料理の歴史、ヒンドゥー教・イスラム教などのインドの食文化、それぞれの地域におけるインド料理の違いなど、インド料理に関する豊富な知識を有していることが証明される資格です。資格を取得することで、自宅やカルチャー教室において「インド食文化インストラクター」として、講師の活動を行うことが出来ます。資格試験は自宅で受験することができ、試験期間中に解答し、提出期限までに返却用封筒に解答用紙を入れて郵送するだけで完了となります。お仕事などで忙しい方でも、気軽にチャレンジすることが出来ますね。あなたもインドの食文化を学び、インストラクターとしてその魅力を広めていきませんか。

主催   :日本インストラクター技術協会

受験資格 :特になし

資格受験料:10,000円

受験申請 :インターネットからの申し込み

受験方法 :在宅受験

合格基準 :70%以上の評価

試験日程 :年6回(偶数月)

受験の詳細・申し込みはこちら⇒https://www.jpinstructor.org/shikaku/india/

3位 カレーマイスター

こちらの資格では、参加・体験型のレッスンを受講することで、資格試験の受験をすることが出来ます。カリキュラムは4講座6時間です。カレーの基礎知識だけでなく、実習を通して、その魅力を伝えるコミュニケーション術も学びます。また、それらをどのように活かしていくのか、カレーパーティーなどの企画をシミュレーションすることによって、カレーの楽しみ方全般を学習します。

これらの講座修了後、修了試験に合格をすると、「カレーマイスター」として認定されます。講座会場は3教室ありますが、全て東京都の渋谷にある教室となります。

主催   :日本野菜ソムリエ協会

受験資格 :認定講座を受講すること

資格受講料:48,000円

受験申請 :インターネットからの申し込み

受講方法 :講座受講
インド料理資格  インド料理資格

女子におススメ資格

  1. 手相占い
  2. 漢方薬膳
  3. 和食資格
  4. 羊毛フェルト
  5. カラー
  6. ハーブ
  7. ソムリエ協会
  8. cad
  9. フラワーアレンジメント
PAGE TOP